vol2 タイ人と働く。タイ人の仕事ぶりって?

タイで働く

こんにちは。Sararaです。
タイでは日系企業に勤めていますが、
8割はタイ人、2割は日本人という感じのオフィスで働いています。

日本にいる友人からよく、
「タイで働くってどんな感じ?タイ人と仕事するの大変じゃない?」と聞かれるので、
タイ人と働いていて「あれっ?」と思ったことを今日は書こうと思います。

ひと口に「タイ人」と言ってもいろんな人がいるので、
一概に「タイ人ってこんな人」とは言えませんが、
タイ人と一緒に働く日本人から一般的に聞くタイ人の特徴や、
わたしが一緒に働いているタイ人の様子を、
一例として読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

融通がきかない

裏を返せば真面目とも言えるのですが、融通がきかないと思うことが多々あります。
業務マニュアルに「取引先から書類A-Gの提出要」と書いてあると、
今回は例外的に書類Eはいらないという場合でも、
「マニュアルに書いてあるから全部いる」と言います。
今回はこういうわけで取引先からの書類Eはいらないよ、と理由を説明しても、
「マニュアルに書いてあるからいる」の一点張り。
マニュアル重視で融通がきかないなあ、と思います。
全部そろえて出してしまえば安心するようで、
特に書類内容のチェックや指摘はなし。

理由や根拠、論理がない

取引先のタイ人からこの資料をください、とときどき頼まれるのですが、
「何で必要なの?」と聞いてもよく分からない。
「必要です」「何で?」「必要です」のメール押し問答。
はっきり理由が分かれば作るけど、
理由もないのにこっちの情報ぽいぽい渡せないよ、
と無視していると特に取引先からの督促もない。
なくても困らない資料だったらしい。
特に理由はないけど欲しかったみたいですね。あれば便利だったのかな。

たまにいる過激なタイ人社員

案件によってはこちらと取引先の日本人同士で話をまとめて進めてしまい、
タイ人部下が話の流れを理解できていないというのが時々起こります。
(これは話を伝えない日本人が100%悪いですけどね。)
ただ、その流れを知らないまま、以前のタイムスケジュールで、
「昨日までにこの話は決着つけて資料作って見積もりまで出す話だったのに、
どうなってんだ締めきりすぎたぞ仕事が遅い!!」
とめちゃくちゃお怒りのメールを飛ばしてきます。
悪口まがいのことも書いてきます。

日本人だと「お忙しいところ恐縮ですが云々…」
となると思うのですが、たまにいる過激なタイ人。
「微笑みの国」なんて嘘だと、半泣きです。

一緒に働いているタイ人スタッフもすごく過激な感じで、
仕事中はめちゃくちゃに言われることもあるのですが、
仕事が終わるとケロッとして「ごはん食べにいこー!!!」
と誘ってくれるのはタイ人のいいところですね。

連休の次の日はみんな頭が痛くなる

土日に祝日がくっついたりした3連休の次の日は、
みんな頭が痛くなるようで、
「頭が痛いのでSick Leave(病気休暇)を取ります」とバンバン連絡が来ます。
連休明けにみんな一斉に頭が痛くなるなんて不思議ですが、
頭が痛いなら仕方がないですね。

タイ人もいろいろ

「マイペンライ精神」「仕事しない」「時間を守らない」
などネガティブなところばかり取り上げられがちですが、
わたしが一緒に働いているタイ人スタッフは任された仕事はするし、
必要なら残業してでも仕事をするし、
時間は(就業時刻も仕事の納期も)しっかり守る人ばかりなので、
世間一般的に語られるタイ人とは少しイメージが違いました。
もしかしたら優秀なタイ人ばかり集まったのかもしれません。
それでも「あれっ」と思うことはまだまだあります。

いろいろなタイ人がいるはずですから、
ひとくくりに「これだからタイ人は!」と思わずに、
「こういう人もいるよな。」と、
タイ人と一緒にゆるーく「マイペンライ」でやっていきたいと思います。

 

タイ人と働く8時間を、
始業から終業まで書いた記事もCheck!!

vol97 ”サバイサバイ”なオフィスライフ8時間。タイ人と働くってどんな感じ?
「タイ人と働くってどんな感じ?」というテーマで、”サバイサバイ”なオフィスライフと、ゆるーく働くタイ人の様子を、1日の仕事の様子を通してご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました