vol15 タイでの週末の過ごし方。

タイで暮らす

これからタイで働こう、1人でタイに住もう、
という方にぜひ考えてほしいのが、週末の過ごし方。
仕事でタイに赴任する人は、
平日は何も考えなくても仕事をしていれば終わります。
一方、週末、自分の自由な時間をどう過ごすか、というのは
自分で決めないといけない。

体を休め、好きなことをして過ごす時間って、
元気に働くためにすごく重要な時間だと思います。
ましてや、慣れない海外で暮らす、働くって、
自分が思う以上に疲れやストレスがたまりがちです。

だから本当は「仕事云々」よりも「週末をどう過ごすか」を
考えるべきなんじゃないか、と思ったわけです。
実際、わたしがとあるタイの会社の面接を受けたとき、
タイで働いている日本人の面接官の方が、
「もちろん仕事や生活に不安はあるだろうけど、
週末をどう過ごそうかとか、どういうコミュニティに参加しようかとか、
どういう趣味を持とうか、というのを考えてきた方が良い」
とアドバイスを受けました。

というわけで今日は、わたしのタイでの週末の過ごし方について、
「どこで、誰と、何してるの?」というお話です。

タイでの生活を想像する材料になればと思っています。

ちなみに、わたしはまだタイに来て数か月ほどなので、
友人も多くはありません。
ただ、幸い東京での会社員時代にタイ関係の仕事をしていたので、
前の会社の先輩からタイ在住の日本人の方を紹介していただいたり、
東京時代に仕事で知り合ったタイ人の友人がバンコクにいたり、
何とか友人と呼べる方たちとお知り合いになれました。

スポンサーリンク

ひとりでバンコクのカフェ&ショッピング

バンコク・プロンポン(Phrom Phong)にあるEmporiumやEM Quartierに
1人で行くことがよくあります。


Emporiumにあるフランス発祥のカフェ、Paulが大好きで、
Paulには月1回行って、デザートセットを食べることに決めています。

Vol31 バンコクカフェめぐり/PAUL(ポール)@プロンポン、チットロム
今日のバンコクカフェめぐりは、フランス生まれの老舗パン屋、 クロワッサンやフランスパンが美味しいPAUL(ポール)。エンポリアムと、セントラルワールドのお店へ。パンのいいにおい、宝石みたいにきれいなケーキ、あたたかみのある店内。フランスのカフェの片隅で優雅に午後のティータイムを楽しんでいるような気分になります。

そのあとはブランド物のコスメを見たり、かわいいピアスを探したり。
歩き疲れたら帰りにフットマッサージを受けに行きます。

1人の優雅な休日。

友人と飲み歩き

金曜や土曜の夜は、時々飲みに出かけることもあります。
場所はトンロー(Thong Lor)やプロンポンあたり。

日本の居酒屋に行ったり、ピザを食べに行ったり。
2次会はバーで、3次会はカラオケ、気づいたら夜中の3時。

タクシーで帰って次の日は二日酔いでヘロヘロ。

一人で暇を持て余してとりあえずカフェ

何も予定がない日は、朝から洗濯・掃除して、
お昼過ぎに近くのスタバとかカフェアマゾンでコーヒータイム。

本を持っていったり、パソコンを持って行ってブログを書いたり。
こういう日もけっこう多くてひまを持て余しています。

Vol13 タイ最大のコーヒーチェーン・Cafe Amazonでひと休み。
バンコクはどこに行っても大きなモールやショッピングビルがあって、カフェもたくさん入っているのですが、 その中でも特によく見かけるCafe Amazon。 お手頃価格なのにおいしくて、どこにでもある便利なお店。 チーズスフレがおいしい。ちょっぴり疲れたときは、さくっとAmazonでひと休み。

タイ人の友人とローカルタイ料理を食べる

日本人と一緒だと日系居酒屋に行くことが多くなりますが、
タイ人と一緒の時は、
1人ではなかなか行けないローカルタイ料理に連れて行ってもらいます。

タイ・イサーン地方の料理、チムチュム。

vol21タイ東北部・イサーンの味。チムチュムを食べる!美味しいタイ料理に舌鼓。
タイ料理と言えば、グリーンカレー。ガパオライス。カオマンガイ。トムヤムクン。どれも日本でも人気ですが、わたしのNo.1タイ料理はイサーン地方の鍋料理「チムチュム」!! 日本人の口にも合うであろう、チムチュム。お肉も野菜もたっぷりで、ハーブがきいたスープは優しい味。タイに来たら一度はぜひ食べたい。

 

タイに来る前に考えるべき「週末の過ごし方」

他にも人に聞いてみると、
語学学校やゴルフレッスンなどの習い事に通っている、、
住んでいるコンドミニアムのジムで運動、
バンコク近郊のパタヤやアユタヤに日帰りor一泊程度の旅行、
などが挙がりました。

バンコクなら、日本と同じように遊ぶところはいっぱいあります。

でもやっぱり自分から動かないと、楽しいことって何も起こらないですね。

たぶん初めのうちは住んでいるだけで楽しいですが、
そのうち慣れてしまいます。
「家と会社の往復」「休日はひたすら寝ているだけ」
に不満を持つ社会人の方も多いと聞きますが、
タイに来たところで何もしなければそうなります。

タイに来る前にぜひ、
「週末の過ごし方」を想像してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました