vol144 Wallflowers Cafe(ウォールフラワーズカフェ)で花に包まれるティータイム@フアランポーン

タイで遊ぶ

タイに来て1年以上がたちましたが、
お出かけ・遊び場といえばスクンビット界隈ばかりだったので、
最近はスクンビット以外にも少しずつ足を伸ばしています。

そんな中、今日お出かけしたのは
MRTフアランポーン(Hualamphong)駅、
中華街(ヤワラート)近くにある花がきれいなカフェ
Wallflowers Cafe(ウォールフラワーズカフェ)です。

スポンサーリンク

Wallflowers Cafe どんなカフェ?

 

花屋と同じ敷地で経営しているカフェ、Wallflowers Cafe。


細い路地に建つ古びた建物に草木や花が生い茂り
一見カフェとは気づかないような外観。

中に入ればその古びた感じが逆に味のある雰囲気を出しており、
店内に飾られた花やアンティークっぽい家具や飾り、
ドリンクやケーキ類も花をモチーフにしたメニューで
タイ人に大人気のスポット。

若いタイ人女性やカップルがこぞって押し寄せ、
店内外でスマホや一眼レフを手に撮影する人も。

カフェで気ままに暮らしている2匹のねこも、
お客さんを引き寄せていました。
(たぶんもっといる)

 

Wallflowers Cafeへのアクセス・行き方

最寄りはMRTのフアランポーン(Hualamphong)駅。
駅から徒歩5-10分程度で着きます。

フアランポーン駅の3番出口から出て
国鉄フアランポーン駅を右手に見ながら
大きい道路沿いに渡り橋を渡った少し向こう、
ソイナナと呼ばれる小さい路地を目指しましょう。

 

中華街(ヤワラート)やインド人街(パフラット)も近く、
国鉄駅は出入り自由で電車を見ることもできるので、
他のプランも一緒にたてておくとGood。

Wallflowers Cafe店内の様子

 

「花屋の2階がカフェ」という情報が多いのですが、
いつの間にか花屋のすぐ隣にもカフェを作ったようで
そちらに案内されました。

 

天井からは花やリースが吊るされています。
開店後すぐ、土曜日の朝11:30時点でほぼ満席。
おしゃべりが止まらない女の子たち、
店内もケーキも自分も、と写真撮影に忙しいみなさん。

ゆっくり本でも読みたい、
パソコンを持って行って仕事したい、
インスタ用に映える写真をじっくり撮りたい、
という人は客入りの多い土日は避けた方が良さそう。

 

テーブルにも花が飾ってあります。

 

2階席も。
こちらの方がソファーがあったりするので
ゆっくりくつろげるかも。
1階はお客さんの出入りも多く
店の外から写真を撮ったりする人もいて、
何だかちょっと騒がしい感じでした。
(土曜日でお客さんが多かったのもある。)

 

パッと目を引くバラやひまわりがたくさん咲いている
というわけではないのですが、
ちょっと古びた壁の色や木のテーブル、
色褪せた花やドライフラワー、
生い茂る草木の緑がすてきな落ち着きのあるカフェです。

 

Wallflowers Cafeのメニュー

 

アイスカフェラテ 130THB
バノフィー160THB
計319THB(含サービスチャージ10%)

バノフィー(Banoffee)は
バナナとトフィーを使ったケーキ。
下にはチョコレート風味のビスケット生地。
バノフィーの上に飾ってある花がきれいですね。
コスモスかな・・・??

バナナが冷凍したものを少し解凍して使っているのか、
キンッキンに冷えていておいしかったです。
トフィーはかなりもったりとして甘く、
バナナもビスケット生地もクリームも甘い、
とにかく甘いので無糖のラテやコーヒーとのペアがおすすめ。

 

こちらはドリンクメニューの一部ですが、
正直に言って値段は高めです。

町の小さいコーヒースタンドやコンビニなら
アイスコーヒー1杯40THBくらい、
プロンポンにあるカフェで100THBくらいのイメージなので、
フアランポーンの小さな路地のカフェで
この価格設定はかなり攻めてます。

人気店なのでこの価格設定でも
お客さんがたくさん入っているのがすごいところです。

 

 

注目すべきは、
とにかく見た目がきれいなケーキ!

ケーキの上に花(生花です)がデコレーションされています。

お値段は150~200THBの間でしょうか、
安くはないけどせっかく来たなら食べたいところ。

 

夜にはアルコールの提供もしているようで、
ビアサーバやリキュールのビンが並んでいました。

 

Wallflowers Cafe まとめ

いま大人気のカフェ、Wallflowers Cafe。
たまにはスクンビット界隈を離れてみるのもいいですね。

カフェめぐりが好きな人、
バンコクの下町をのぞいてみたい人、
インスタ映えスポットが好きな人には
とってもおすすめのカフェです。

プロンポンにあるUnbirthday Cafe(アンバースデイカフェ)も
ケーキがおいしくて見た目もかわいい
インスタ映えカフェとして人気ですが、
Unbirthday Cafeはもう少し店内がシンプルに統一された印象。

vol84 バンコクカフェめぐり/Unbirthday Cafe(アンバースデーカフェ)@プロンポン
今日のバンコクカフェめぐりは、 おいしいケーキとインスタ映えを求めてタイ人女性が殺到する プロンポンのUnbirthday Cafe(アンバースデーカフェ)です。 Unbirthday Cage(アンバースデーカフェ)アクセス・行き方...

 

トンローにもThe Blooming Galleryという
こちらもやはりお花がきれいなカフェがあります。

vol147 The Blooming Gallery 花と緑あふれる癒しの紅茶カフェ@トンロー
バンコクのトンロー通りにあるモール、エイトトンロー。 その中にThe Blooming Gallery(ザブルーミングギャラリー) という名前のカフェがあります。 一見お花屋さんかと思うほど花いっぱいのきれいなカフェです。...

 

Wallflowers Cafeは少し古びて雑然としているのが
いい雰囲気を作り出しています。

Wallflowers Cafe 店舗情報

Wallflowers Cafe(ウォールフラワーズカフェ)
電話番号:090 993 8653
住所:31-33 ซอย นานา Pom Prap, Pom Prap Sattru Phai, Bangkok 10100
営業時間:11:00―0:00
公式FACEBOOK

コメント

タイトルとURLをコピーしました