vol84 バンコクカフェめぐり/Unbirthday Cafe(アンバースデーカフェ)@プロンポン

タイで遊ぶ

今日のバンコクカフェめぐりは、
おいしいケーキとインスタ映えを求めてタイ人女性が殺到する
プロンポンのUnbirthday Cafe(アンバースデーカフェ)です。

スポンサーリンク

Unbirthday Cage(アンバースデーカフェ)アクセス・行き方は?

BTSプロンポン(Phrom Phong)駅から徒歩10分程度。
Sukhumvit31のアパートMa Peng Sengの2Fにあります。

歩いても行ける距離ですが、
真夏のタイを10分歩くのはちょっと暑いかも。


外観からはこんなところにインスタ映えカフェがあるとは思えないし、
普通のアパートなので部外者が入っていいものか心配になります。

でも入って左手にあるエレベーターor階段で2Fにあがるとありますよ。
美味しいオーガニック野菜が売りの「おらが畑のマイフード」も
同じフロアにあります。


エレベーターに乗ろうとしたら一緒に乗ってきたねこ。
調べてみたところ、ここはペット可のアパートだそうです。
バンコクではまだペット可のアパート・コンドミニアムは珍しいですね。

Unbirthday Cage(アンバースデーカフェ)お店の雰囲気は?


アパートのプールサイドにあるこじんまりとしたカフェ。

 


カフェの箱(建物)自体はコンクリートうちっぱなしといった感じですが、
かすみ草やガーベラなど生花が飾ってあったり、
窓際に造花のカーテンが飾ってあったりと、装飾が華やかです。

 

 

何より店内奥の撮影スポットが大人気。

タイ人の若い女の子5人組が集合写真を撮っていたり、
タイ人の女の子が彼氏に一眼レフで撮影してもらっていたり、
今度は彼氏をモデルにして彼氏のシャツの袖のいちばん良い折り幅を気にしたり。

おそらくインスタ映えを狙ったであろうきれいな白いワンピース、
コロナ対策でマスク必須にも関わらずばっちり隙のないメイク、
主にみなさん写真撮影を目的にしている様子。

タイ人はインスタ映え、セルフィー大好きなので、
一組当たりの撮影時間が長く、
みんなコーヒーを飲みながら順番待ちしている感じでした。

 

コンセントもWifiもあるので、パソコンを持ち込めば仕事をできるのですが、
タイ人女子がきゃっきゃしながら撮影大会をしているので、
あまりがつがつ仕事をする雰囲気ではないかもしれません。

Unbirthday Cage(アンバースデーカフェ)メニューは?

コーヒー・ジュースなどのドリンク類と、
ケーキやクッキーなどのカフェメニューがあります。

パスタ、タイ料理など食事メニューはありません。

Hot Latte 95バーツ
Nuttela Cheesecake 195バーツ

もったりと甘いヌテラチョコレートとチーズの
甘じょっぱい組み合わせ。
もしかしたらこの甘じょっぱいのが苦手な方もいるかも。

わたしは好みの味でしたが、
ケーキがガツンと甘いので、ホットラテは無糖で正解でした。

 

 

ドリンクメニュー。
種類は多くないですが、定番はそろっていますね。

 

 

デザートメニュー。
このメニューには載っていないですが、
レジ横のショーケースに10種類程度のケーキと、
クッキーやブラウニーがあります。

 

ケーキは1カット150バーツ~200バーツ程度。

「フォトジェニック」だけで集客しているわけではなく、
ケーキの味もハイレベルでおいしいです。

もともとトンローにあったDandelionが移転してきており、
Dandelionのころから日本人にも人気のカフェだったようで、
移転後も変わらずの人気ぶりです。

Unbirthday Cage(アンバースデーカフェ)店舗情報

住所: 2c Apartment Mapengseng 14 Sukhumvit 31,
Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110
電話:085 145 3181
営業時間:9:00~19:00
Unbirthday cafe Facebook
Wi-fi、コンセント有

 

プロンポン界隈も非常にカフェの競争が激しいですが、
同じソイ31で静かに過ごしたい、仕事に集中したい方には
Bitter N Sourの方が良さそう。

vol42 バンコクカフェめぐり/Bitter N Sour(ビターアンドサワー)@プロンポン
今日のバンコクカフェめぐりは、 プロンポンにある落ち着いた雰囲気が大人っぽいカフェ、 Bitter N Sour(ビターアンドサワー)。 駅から徒歩15分と少し離れた、穴場のカフェ。一人で静かに過ごしたい方におすすめ。

 

Unbirthday Cafeは
タイ人女子の写真撮影大会がひっきりなしに開催されるので
勉強スペースとしてはあまりむかないですが、
美味しいケーキを食べる、カフェめぐりをする、
雰囲気のいいカフェでまったり過ごす、
という目的で来るにはぴったりのカフェ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました