vol39 タイ人女性に大人気のバッグブランド3選+α

タイで遊ぶ

今日はタイ人女性の「バッグ」の話です。

みなさんも同じイメージをお持ちかもしれないですけど、
タイ人女性ってきれいな人が多くて、おしゃれ好きなんですよね。

「そんなメイクする?」みたいなチークでほっぺた真ん丸ピンクとか、
「日本でも30年前に流行ったっけ」みたいなバブリーファッションとか、
日本人としては「えっ!」と思うことも多いですけど、
ファッションの感覚がタイ人と日本人とでは違う、というだけのことです。

そういったタイ人女性のファッションに関して最近気になるのが、
やたらと同じバッグを見かけるな?ということ。
ということで、おしゃれタイ人女性の定番ブランドバッグを観察してみました。

スポンサーリンク

タイ人女性の定番 Longchamp(ロンシャン)

タイ人女性の最近の流行1位(個人的なランキングです)は、
ダントツでLongchamp(ロンシャン)
1948年にフランス・パリで生まれたブランドです。

20代の若者~30代くらいの女性は特に持っています。
もちろん、人気はル プリアージュのトートバッグ。
毎日このバッグを持っている人にすれ違うし、
電車に乗ったら必ずと言っていいほど目にします。

ル プリアージュのリュックサックを持っている方もたまに見かけます。
大容量なのにナイロン生地で軽くて丈夫。
女性って化粧道具やら手帳やらポーチやらいろいろと荷物が多くなるので、
バッグ自体が軽いのって嬉しいんですよ。

持ち手が長めで肩にかけやすいし、
持ち手の革とバッグの色のコントラストもいいですよね。
小さく折りたためるので旅行の時はすごく便利。

日本でも人気だし、タイで見かける日本人も持ってる方います。
(何ならわたしも持ってます。これまで使ったバッグの中でいちばん好き。)

Longchampでも革製のバッグはものによって20000―30000バーツ、
COACHなどの有名ブランドバッグもやはり20000バーツくらいするのですが、
Longchampのル プリアージュに関しては4000―5000バーツくらいで買えます。

タイ人女性もブランドバッグは大好き、
でもCOACHやPLADAには手が出ない、
ということで憧れのブランドバッグの中でも、
お手頃でデザインもかわいいLongchampが人気なのでは、と推測しています。

Longchamp公式HP(日本語)

タイ人の若い女の子に人気 Marimekko

北欧フィンランド生まれのアパレルブランド・Marimekko
大学生くらいのタイ人の女の子がよく持っているのが、
Marimekkoのファブリックバッグ。
マチがないタイプのシンプルなトートバッグです。

大きなけしの花デザインがかわいいUnikkoは、日本でも人気ですよね。
Longchampもですけど、わたし、Marimekkoも大好きです。

ポップでかわいいMarimekkoのトートバッグを、
制服姿のフレッシュな女子大生が持っているのっていいですよ。
見ているこっちまで元気でさわやかな気分になる、というか。
(タイは大学生も制服です。)

日本で買うと5000円、タイでも日本より少し割高になるので、
タイ人の学生がどうやって手に入れているのか気になりますが、
教科書やお財布やペットボトルや何でもどんどん入れられるので、
意外と使い勝手は良さそうです。
(親におねだりするのかな??)

ただやはりオフィススタイルには合わないので、
会社員の女性や年配の女性が持っているのは見かけません。

Marimekko公式HP(日本語)

おしゃれさんは持ってる、Charles and Keith

シンガポール発のファストファッションブランド、
Charles and Keith(チャールズアンドキース)

日本では、MarimekkoやLongchampほどの知名度はなさそうですが、
ファッション雑誌にとりあげられることもあり、
アジアやアフリカにも展開するグローバルなブランドです。

こちらも20代後半~40代くらいまでの働くタイ人女性に人気。
オフィススタイルになじむ定番デザインが多いけれど、
ちょっとワンポイント目を引く形・デザインがあるのが
すごくおしゃれだな、と個人的には思っています。

ショルダーバッグがだいたい3000~4000バーツくらい、
日本円にして1万円前後で手に入るのですが、高見えするデザインです。

PRADAやLuis Vuittonといったハイブランドではないのですが、
それでもタイ人にとってはそこそこ高い買い物なので、
「いいバッグ使ってるなあ」ってなりますけどね。

ちなみにシンガポールではほとんど半額くらいの値段で買えるそうです。

Charles and Keith公式HP(日本語)

タイ人女性も憧れのハイブランドからカジュアルバッグまで

以上、最近よく見かけるなと思った人気ブランド3つをご紹介しましたが、
他にも人気のバッグブランドはいろいろあります。

タイ人女性もブランドものは大好きですから、
COACHとかKATE SPADEとかHERMESとかは憧れのブランドです。

タイ人社会にはインドのようなカースト制はないにせよ
「階級意識」が強くあり、お金や権力はすごく大事だそうです。
だから、高級外車とか、海外ハイブランドとかは日本人以上に大好きです。

なかなか普通のタイ人では手が出ないお値段ですけどね。
(日本人でも手が出ないお値段です・・・。)

日本で爆発的に大ヒットしたAnelloのリュックサックもよく見かけます。
Anello公式HP(日本語)

実はAnelloは大阪発。香港やタイ、インドネシアなどでも販売しています。
日本だと学生や子ども連れのママがよく使っていますね。
タイでも若い女性が持っていたり、
男性が通勤バッグに使っているのも見かけます。
リュックサックなのでカジュアルかと思いきや、
デザインがシンプルなので意外と通勤バッグにしても違和感ありません。

 

人気のブランドバッグはみんな持っていて、
タイ人もミーハーだなあ、と勝手に親近感がわきました。
ブランド好き女子は、国籍関係ないかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました