vol45 タイ人が仕事を休む時。

タイで働く

今日は「タイ人が仕事を休む時」について。
タイも基本的には土日が休みで、
仏教やタイの国王に関わる祝日もあります。

そういった土日祝日ではなく、
平日に何らかの理由で休暇を取って会社を休む時のお話です。

タイには日本とは異なる有給休暇の制度があったり、
タイならではの行事・イベントで休暇を取る社員がいたり、
いろんな休む理由・口実があったりして、
なかなか興味深いです。

ということで今回は
タイ人のスタッフが「今日は休みます」と言うのを聞いて
「おっ」と思った、何か引っかかった、そんなお話。

スポンサーリンク

Case 1. 休み明けは頭痛で休む。

土日の休みが明けた月曜日は、なぜか頭痛で休む人が多いです。

なぜか分からないけど、月曜日。
なぜか分からないけど、頭痛。
“I need sick leave due to headache na ka~, sorry ka~”
(頭痛なので病気休暇とります~、ごめんなさいねえ~。)
と連絡が来ます。

1日でいっせいにみんなが休むというわけではないのですが、
前の月曜はAさんが、今週はBさんが、次の週はCさんとDさんが頭痛、
という感じで、月曜日の朝はだいたい誰かがいません。

でも、たしかに月曜日の朝って頭痛いですよね。
わたしも頭痛いです。休まないですけど。

Case 2. 海外旅行に行くので休みます。→トータル10連休

こちらのケースはちゃんと正当に休暇を取って海外旅行に行くパターン。

土日月の3連休に有給休暇をくっつけて4連休で旅行に行く、
くらいであれば日本人もする人はいると思いますが、

一緒に仕事をしているタイ人は長い連休、
例えば土曜日から始まって水曜日に終わる5連休に
さらに木曜、金曜を有給休暇にして、
10日間くらい会社からいなくなります。

このパターンは日本人はなかなかやりにくいのではないでしょうか。
あまり長い休みを取ると、会社に迷惑がかかるって、気になりますよね。

「せっかく高いお金払って飛行機とって行くからさ、
なるべく長く滞在して遊びたいじゃん、もったいないし。」
というのが彼らの言い分。

日本人の上司はあまりいい顔はしないですが、
「せっかく行くなら遊びたいよね」というのも理解していて、
特にお咎めはありません。
休暇を取るのは労働者の権利ですね。

Case 3. 兄弟が出家するので休みます。

「おっ、タイらしいな。」と思ったのが、
「兄弟が出家するので休みます」と言った若い女性スタッフ。

タイでは男の人は、人生に一度は出家して僧侶になるのが一般的です。
これは、男の人が社会で一人前と認められるための重要な通過儀礼です。

2018年に洞窟に閉じ込められ奇跡の生還を果たしたサッカー少年のみなさんも、
出家をしたようです。

タイ洞窟の少年ら短期の出家修行を開始 死亡ダイバーを追悼

社会人になってから出家をする方もいて、
会社として「出家休暇」を設けている場合が多いです。

兄弟の大事な通過儀礼に立ち会うために会社を休むのは、タイならでは。
ちなみに出家をするのは男性のみで、上座部仏教を信仰するタイでは、
女性の出家は認められていません。
この女性スタッフも「出家休暇」という名目では休んでいません。

Case 4. 食あたりで休む。

頭痛の次に多いのが、
“I have diarrhea and vomit ka.”
(下痢していて、吐き気がします~。)

先日タイ人日本人合わせて9人でソムタム(パパイヤサラダ)を食べたのですが、
みんな同じものを食べたにも関わらず、
タイ人1人だけ「昨日のソムタムがあたったので休みます。」
と休暇を取っていました。


さすがにそれはうそだろ・・・とは言えないですけどね。

「いつも行くカフェでふだんはコーヒー飲むんだけどね、
昨日はじめてコーヒーじゃないやつ飲んでから、
お腹の調子がおかしくて、絶対食あたりだから休みます。」
という人もいました。

わたしの会社では、タイ人も日本人も、
タイ食堂や屋台で同じようなものを食べることが多いのですが、
なぜかタイ人ばかり食あたりを起こすようです。
不思議だなあ。

タイ人は会社を休む。

日本だと会社を休む時に、
「周りが休まないのに私だけ休むのは気まずい。」とか
「特に用事があるわけでもないのに休めない。」とか、
「休んだらまわりに迷惑がかかるしなあ」とか、
色々考えちゃって、
有給休暇って取りづらかったりしますよね。
最近は状況は変わりつつあるとは思いますが。

タイ人は全然平気で休みます。
「今日は大事な会議だ」っていう日にも、
調子が悪ければ無理せず休みます。
連休もバンバンとります。
「それ絶対仮病やんもろバレやん」みたいな言い訳で休みます。
たぶんみんな仮病で休んだ経験はあると思うので、
他の人が仮病で休んでいても「マイペンライ」なのかもしれません。

もう一つ、タイでは土曜日出勤の企業も多いです。
わたしが働いている会社も月1回土曜日出勤があります。
有給休暇も仮病も含めてうまく自分で休んで心身の健康コントロールをしないと、
意外としんどくなってしまいます。
ましてや日本人からしたら、外国で働いて生活しているわけで、
気づかないだけで実はけっこう疲れていたりします。

タイ人のスタッフのお休みも
あまりにサボりが多いと注意せざるを得ないですが、
ちょっとしんどいなと思ったらうまく病気休暇を使ったり、
長期連休でリフレッシュしたり、というのは、
モチベーションを保つ方法のひとつかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました