社会

スポンサーリンク
タイで暮らす

vol126 軍政に異を唱えるタイラッパーRap Against Dictatorship

1970年代にアメリカで生まれたと言われるラップ音楽。世界中で音楽ジャンルの1つとして確立されていますが、タイでは何と政府から目をつけられるほどのラッパーグループが。その名も”Rap Against Dictatorship”。グループ名のとおり、彼らは音楽を通して軍事政権を批判します。
タイで暮らす

vol123 ミスターコンドームはタイを救う【ミチャイ・ビラバイダヤ氏】

タイを救う「ミスターコンドーム」をご存じですか?本名ミチャイ・ビラバイダヤ氏、タイで家族計画の啓蒙、AIDS/HIV予防などの活動を行い、「コンドームレストラン」を経営する方です。ミスターコンドームの活動とその功績について。
タイで暮らす

vol120 忌み数13にまつわるあれこれ in タイ

西洋で忌み数とされる13にまつわるあれこれinタイ。 建物の13階、プロサッカーの背番号13…数字にまつわるあれこれを調べてみました。
スポンサーリンク
タイで暮らす

vol119 なぜいすゞはタイでシェアNo.2なのか?

日本では商用車メーカーとして広く知られるいすゞ。あのCMソングは誰もが聞いたことがあるはず。 そんないすゞがタイではトヨタについでマーケットシェアNo.2。その理由は?
タイで暮らす

vol118 タイでも起きたディズニー映画『ムーラン』ボイコット運動

全世界、もちろんタイ、台湾、香港―「ミルクティー同盟国」―においても、 ディズニー映画『ムーラン』ボイコット運動が広まっています。新疆ウイグル自治区問題、「香港警察指示」との主演女優発言の炎上。制作開始から問題を抱えてきた『ムーラン』と ミルクティー同盟によるボイコット、 タイでの『ムーラン』を取り巻く状況をシェア。
タイで暮らす

vol116 タイ×台湾×香港から始まる”ミルクティー同盟”とは?

タイ、台湾、香港の間で、中国に対抗すべく ミルクティー同盟(Milk Tea Alliance)が結成されたのは2020年4月ごろ。きっかけはあるタイ人俳優のTwitter。「1つの中国」を主張する中国に対し、ミルクティー同盟の結束は固く、SNS上で舌戦を繰り広げました。
タイで暮らす

vol115 タイはなぜ新型コロナの抑え込みに成功したのか?

100日連続、新型コロナ市中感染0だったタイ。タイはなぜ新型コロナウイルスの感染拡大抑え込みに成功したのでしょうか。コロナ対策は成功した一方、タイ経済への影響も。
タイで暮らす

vol100 車のサブスク・トヨタの KINTOがタイでも使えます。

日系自動車メーカー・トヨタが日本に続き、タイでも 自動車のサブスクリプションKINTOのサービスを提供しています。 毎月定額の月額利用料を払って車を利用するスタイル。タイでは流行るのでしょうか。
タイで暮らす

vol90 タイ・アフターコロナの新しい生活様式。

タイ国内では新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き始め、多くの施設が営業を再開しました。 更なる感染の拡大を防ぐため、新しい生活「ニューノーマル」への取り組みが行われています。タイ国政府観光庁が公開した動画とともに現在のタイ・バンコクの様子、コロナ対策をお伝えします。
タイで暮らす

vol81 タイに来て8か月たった今、考えること

タイに来て8か月が経ちました。前回書いた「タイに来て半年」の時から、世界は新型コロナウイルスで大きく変わり、わたしの考えていることも変わっていて。この2か月で変わったことを、個人的な備忘録として記録します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました