vol0 自己紹介/ブログについて

はじめまして。
Sarara(さらら)と申します。

2019年よりタイに住み始めました。

カンボジアの電気も水道もないど田舎に連れていかれたり、
スリランカで高級5つ星ホテルに泊まったり、
インドで3週間くらいゆとりバックパッカーをやってみたり、
フィリピンでリゾート留学してみたりと、
軽度の「放浪癖」のようなものがあり、
大学卒業後は日本で働いていたのに、
いろいろあって気がついたらタイに流れついていました。

英語が好きになりそこから外国語に興味を持ち始めて、
いろんな外国語を話せるようになりたい、と思ったのが
わたしが「外国」につながるきっかけです。

このブログについて

このブログの目指すところは、
タイで働きたい、タイに住みたい、タイに限らず海外留学したい、
とか海外に出て行きたい人の背中を押すこと、
というと大げさになりますが、
そういった人たちに「タイ(海外)の生活感」みたいなものを伝えたい、
それがチャレンジのきっかけになればよいし、
そうでなくてもちょっとした判断材料にでもなればいいな、
と思っています。

「海外への一歩」になればいいですね。

 

 

このブログの発信カテゴリとしては3つ

1.タイで暮らす
2.タイで遊ぶ
3.タイで働く

となっています。

前述のとおり、わたしはいまタイにいますが、
タイで暮らすからには働かないといけないし、
人間的な暮らし、というのを営んでいかないといけないし、
せっかくならたまには遊びたい、というのは自然な欲求だ、と思うからです。

 

 

 

また、以下のことをポリシーとしています。

・タイの良いところも悪いところも
・タイの好きなところも嫌いなところも
・「ハレ」の日も「ケ」の日も
・古い文化も最新ニュースも

タイという国そのままをフラットな視点で書いていきたいと思っています。

例えば、タイにもインスタ映えカフェというのはたくさんあって、
そういうところはみんな大好きだし、わたしもよく記事にするのですが、
「インスタ映えカフェに行くこと」って日常じゃないな、と。

「満員のBTS(電車)にぎゅうぎゅうづめに押し込められること」とか、
「なまりの強いタイ人部下と日本人の英語で何とか意思疎通すること」とか、
「頼んだタイ料理が辛すぎて悶えながら食べること」とか、
そういうタイの日常も存在していて、
そういった日常も、また非日常も、両方ひっくるめた「タイの生活感」を
平等にフラットに伝えたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました