vol1 公開!海外移住の持ち物リスト

タイで暮らす

こんにちは。
仕事のために、2019年に日本からタイ・バンコクへ引っ越してきました。
というわけで、この記事では、
引っ越しするにあたって日本から持ってきた持ち物リストをとにかく全部公開します。
タイの暮らしに必要か不要か、役に立つか立たないか、分かりませんが、
参考にしてみてください。

スポンサーリンク

タイへ引っ越し・持ち物リスト

タイ・バンコクにある日系企業に現地採用として雇われて、バンコクへ。
持ってきた荷物はスーツケース(7泊くらいのサイズ)と大きなバックパック。
A4サイズのトートバッグ。
飛行機で自分で持ってきた荷物のみで、船便などでの輸送はなし。
タイ航空で渡航し、預け荷物の制限は30kgまででしたが、
スーツケース17kg、バックパック6kgでした。

洋服
ブラウスとパンツ、スカート。各4着程度。オフィス用。
カーディガン1着、長袖のチェックシャツ1着。冷房対策。
夏用のジャケット。オフィスに置いておく用。
パジャマ2セット。
スポーツウェア(Tシャツ・ヨガパンツ)も1着だけ持参。
基本半袖で良いので荷物がかさばらないので、パジャマまで持って行けました。
H&Mやユニクロがバンコクにはあるので、買い足せます。

下着・靴下・ストッキング(各4枚程度)
海外に行くと下着のサイズの表記が違ったりして分かりにくいので、
できれば日本製を使いたいです。

ひざかけ
冷房対策。オフィスはエアコンガンガン。

バスタオル・フェイスタオル(各3枚)
海外でも買えるけど、最初の数日しのげる程度に。

化粧品
メイク道具。
化粧水・乳液・フェイスパック。
ボディローション。
日焼け止め。
ハンドクリーム。

バンコクではたいがいのものは揃いますが、
値段が高かったり、日本と処方が違う場合もあるので、一揃い持ってきました。
途中でなくなったら嫌なので、
使いかけ、残量の少ない化粧品は処分したり譲ったりして、新品を持参。

洗面用具
シャンプー・コンディショナー・ボディソープのミニトラベルセット。
クレンジングオイル。洗顔料。
体を洗うボディタオル。
電動歯ブラシと替えブラシ。
携帯用歯ブラシセット。

シャンプー、洗顔料などは最初の数日だけでもしのげるように、と思い持参。
バンコクにはパンテーンやニベア、日本のシャンプーも売っています。
海外の歯ブラシはすごくヘッドが大きくて磨きにくいので、
日本から大量に持ってくる人が多いと聞きます。


スニーカー1足(履いてきた)
GUのフラットパンプス1足
部屋履き用のスリッパ1足

洗濯・掃除用品
洗濯ネット(四角/下着用を1枚ずつ)
洗濯ロープ
洗濯物干し(靴下や下着を干せるもの)
除菌ウェットティッシュ(20枚入り)
フローリングウェットシート(30枚入り)
クイックルワイパー(分解したらスーツケースに入った。)

クイックルワイパーや除菌ウェットティッシュは、正直神経質すぎですね。
でも、あると便利です。荷物に余裕があったので詰めただけです。

日用品等
コンタクトレンズ(1dayタイプ。約3か月分)
めがね
生理用品(昼用1パック・夜用2パック)
トイレットペーパー1ロール

生理用品は日本と同じブランドのものが手に入るのですが、
以前海外で買ったときにすごくごわついて気持ち悪かったので、
日本から持参しました。
結果、こちらでも日本と変わらないものが買えることが分かりました。


目薬(乾燥対策)
抗菌目薬(ものもらい対策)
冷えピタ
マスク
ばんそうこう
バファリン
酔い止め
葛根湯
太田胃散

1.2回病気で寝込んでも何とかなるくらいの分量だけ。
日本に帰国した時に買い足したいと思います。

食品・食器
インスタントのカップうどんミニサイズ1つ
ヒガシマルのうどんスープ
乾麺タイプのうどん
マルタイ棒ラーメン
永谷園のお吸い物
麦茶パック5個(1L用)
紅茶・緑茶のティーバッグ 各5個ずつ
粉末タイプのカフェラテ5個
水筒
スプーン、フォーク、箸
カフェラテマグ(お茶碗型)

バンコクでは割高ですが和食は簡単に手に入るので、最低限の量にとどめました。
お茶関係がなぜか多くなりました。
こちらも帰国のたびに買い足す予定です。

筆記用具・学習関係
筆箱、ペン、消しゴム、ノート。
タイ語の教科書1冊。
電子辞書。

パソコン

スマートフォンと充電器
日本のキャリアは解約して、Simフリーにしたスマホを持ってきました。

モバイルバッテリー
これは預け荷物ではなく、手荷物で持ってきました。

ビニール袋・紙袋 各2.3枚程度
かさばらないので、とりあえず持ってきました。
使うタイミングがあるかも?

お土産
フィナンシェ(職場ばらまき用)
カステラ(タイにいる友人へ)
ルピシアの秋限定紅茶(タイにいる友人へ)

パスポート

現金30万円・クレジットカード2枚
最初のお給料が入るまでの生活費と、
最初の住居のデポジットや生活用品の買い出しを考えて、
現金は多めに持ってきました。

持ち物の選び方

何でもかんでも持って行けるわけではないので、
ある程度厳選したものを持っていきました。
大まかに下記の基準で選びました。

到着してすぐ絶対に必要なもの
洋服、靴、現金など。コンタクト。

現地で調達できるが、日本製を使いたい。
化粧品。顔に使うもの。生理用品。下着など。

現地で調達できるので、数日分だけ持参。
シャンプー、ボディソープ、トイレットペーパーなど。
現地で調達できますが、到着してすぐ必要になった場合に
買いに行けるか不安だったので持っていきました。

なくても生活できるが、あると便利
除菌ウェットティッシュ。ビニール袋。

現地で調達できる、あるいは絶対必要ではないが、持っていくもの
バスタオル。
タイでも買えますが、日本の家にあまっていたので、
タイで新しく買うのがもったいないと思い、持参。
クイックルワイパーもわざわざ持ってくるようなものではないですが、
日本の家に使われずに余っていたのがもったいなくて持参。
どちらもあれば使うので持って来てよかったです。

「タイなら何でも手に入るよ!」と皆さん言うのですが、
さすがに400円もするカップめんは買う気にならないです。
タイでもどうしても日本食が食べたいという方は、
タイでも買えますが、持ち物を吟味した方が良いと思います。

わたしはタイと日本なら近いので自分自身もたまには帰国するし、
タイなら日本の友人も遊びに来てくれそうなので、
日本食や化粧品は遊びに来てくれる友人にも頼ろうと思っています。
(先日、早速友人が大量にお土産を持って遊びに来てくれました。)

これから生活するうちに、あれがほしいとかこれがあると便利、
というものがどんどん出てくると思うので、また追記します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました