vol120 忌み数13にまつわるあれこれ in タイ

タイで暮らす

突然ですが「忌み数」をご存知でしょうか?
忌み数とは、不吉であるとして忌避される数字のことです。

日本では、4が死という音に、9が苦という音につながることから
4と9という数字が避けられる場合があります。
逆に8は末広がり(八)が縁起がいいと言われます。

西洋では13が縁起が悪い数字とされています。
西洋で信じられている忌み数なのですが
タイでも13が避けられている場面を見かけたので、
タイでの”13”についていろいろ調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも西洋における忌み数13とは?

西洋において13が不吉な数字として嫌われることは
知っている方も多いかもしれませんが、
その理由については諸説あります。

よく知られているのは、『13日の金曜日』でしょうか。

アメリカで制作されたホラー映画ですが、
映画の登場人物であるジェイソンが殺人事件を起こすのが13日の金曜日。
この映画によって、特に13日の金曜日は不吉だとみなされるようになりました。

他にもイエス・キリストが磔の刑を受けたのが13日の金曜日であるとか、
イエスを裏切ったユダは13番目の弟子だったなどという宗教的な言い伝えから
13という数字が不吉な数字として認識されています。

というわけで、忌み数13は主に西洋において嫌われる数字ですが、
タイでもいろいろ13にまつわる事象を調べてみました。

建物の13階

タイではオフィスビルやホテル、コンドミニアムなどで、
13階がないのをたびたび見かけます。


例えば、これはとあるコンドミニアムのエレベーターですが、
12階の次は12A階、そして14階となっています。
本来13階となるべきフロアを12A階とし、13階はありません。

あるいは、12階の次を14階にする場合もあります。

これはもちろん西洋の忌み数13の影響を受けていますが、
タイ人が13を不吉ととらえるかどうかというと、人によるとしか言えません。
ただし、少なくとも西洋ほど広くは認識されていない印象。

スクンビット・ソイ13 ナナ周辺

スクンビット通り(Sukhumvit)は、バンコクを走る幹線道路です。
頭上にはBTS(スカイトレイン)が通っています。

このスクンビットから左右に伸びる小道をソイと呼び、
北側のソイには奇数、南側のソイには偶数の番号がつけられます。

そして、スクンビットのソイ13。

BTSナナ(Nana)駅とアソーク(Asok)駅の間にあります。
ナナ界隈は、ホテルやレストランが立ち並ぶバンコクでも有名な歓楽街の1つ。
アラブ・インド系のお店が非常に多く、
他のバンコクの街とは雰囲気が少し違います。
ソイ13自体はあまり騒がしい所ではないですが、ホテルがいくつかあります。

ソイ13だからといって特に縁起の悪そうな様子はなく、
むしろナナ一帯はにぎやかで楽しいところです。

タイサッカー選手の背番号13

背番号をつけるスポーツもありますが、
これも西洋だと背番号13は避けられる傾向にあります。

日本のプロ野球でも、
4や9がつく番号は外国人選手が多いとか。

(もちろんこういう忌み数を気にせずにつける人、
あえて忌み数をつける人もいます。)

東南アジアトップクラスと呼ばれ人気のある
タイのプロサッカーリーグ・タイリーグ1の16チームで
背番号13をつける選手がいるか探してみました。
TOYOTA Thai League公式サイト
(2020年9月時点)

SCG Muangthong United: SUNDY WONGDERREE選手(MF)
PT Prachuap FC: NATTHAPONG KAJORNMALEE選手(GK)
Sukhothai FC: PIYARAT LAJUNGREED選手(DF)
Samut Prakan City: ERNETO AMANTEGUI PHUMIPHA選手(DF)
Chonburi FC: NATTAPONG PEPHAT選手(DF)
Singha Chiangrai United: CHOTIPAT POOMKAEW選手(MF)

16チーム中6チームで背番号13をつける選手が在籍しており、
背番号13の選手は全員タイ人でした。

極端に少ないということもなく、
タイ人の共通認識というより、気にするかどうかはその人次第のようです。

サンドイッチが美味しいラッキー13

2012年タイで創業したサンドイッチ屋さん、”LUCKY 13 SANDWICH”。


プーケットを中心に出店しており、
2020年9月時点ではプーケットに10店舗、
バンコクはオンヌットに1店舗の計11店舗。

サンドイッチは種類が豊富、
サンドイッチ以外にもハンバーガーやパニーニなどありますが、
とにかくパンそのものがおいしいお店で非常にオススメです。

See Menu and Order Online - Lucky 13 Sandwich
Thailand's #1 Sandwich Shop has FREE home delivery and is available 24/7 to most areas - Click here to get your food fast!

文字通り数ある数字の中からわざわざ13を選び、
さらに13の前にLUCKYをつけるあたり、
何か思惑があるような気がするのですが、
ホームページを見ても記載はなく・・・。

商品の価格帯とプーケットという立地から、
現地在住のタイ人よりは外国人に人気のお店で、
不吉な13もおいしいサンドイッチにはかなわないようです。

 

おまけ:数字にまつわるあれこれinタイ

タイにおける数字にまつわるあれこれ。

“555”って何?

タイ人のSNSやLINEなどのメッセージを見ていると出てくる”555″。
タイ語で5は”ハー”と発音しますが、これを笑い声にあてています。
日本でいう「笑」や”www”にあたります。

「ゴーゴーゴー」ってこと?とたまに聞かれるのですが、
5(ご)は日本語なので違います。笑

タイで縁起のいい数字は?

タイで縁起がいいとされる数字は9。
9はタイ語で”ガーオ”(เก้า)のような発音をしますが、
これが「進む」という意味の”ガーオ”(ก้าว)と発音が似ているから。

宝くじの番号を選ぶとき

タイ人が大好きな宝くじ。
市場の宝くじ屋や路上の宝くじ売りの人などどこでも買えます。

asahi
道路沿いで宝くじを売る男性。

宝くじの番号は好きな数字を選ぶことができるのですが、
自分の誕生日とか携帯電話の番号とかから選ぶのはもちろん、
交通事故を起こした車のナンバープレート、
お祈り中に頭に浮かんだ数字など、
何かに結びつけて数字を選ぶようです。

そういえば先日の宝くじでは
一等の当選番号が999997という珍しい並びの数字だったと
話題になりました。

当選番号が発表された瞬間、
近くにいたタイ人の友人も驚きのあまり叫んでいました。
Khaosod English

 

 

数字1つとっても異文化が見える

数字なんか取るに足らないただの数字かもしれませんが、
たかが数字されど数字。
数字1つとってもいろんな文化や迷信、習俗が見えてきます。

日本でも、お祝儀の金額、姓名判断の画数、
縁起の悪い数字、くしゃみやしゃっくりの回数、
数字が関係するいろんな言い伝えのようなものがあります。

今回は13をメインに取り上げましたが、
タイにもおそらくあるであろう数字にまつわる文化や迷信は
タイで生きるのにほんのすこーしだけ助けになるかもしれません(?)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました