vol116 タイ×台湾×香港から始まる”ミルクティー同盟”とは?

タイで暮らす

タイ、台湾、香港の間で、中国に対抗すべく
ミルクティー同盟(Milk Tea Alliance)が結成されたのは2020年4月ごろ。

優雅にミルクティーを飲むなんて、そんな話ではありません。

このネット世界を席巻するミルクティー同盟、
きっかけはあるタイ人俳優のTwitterでした。

スポンサーリンク

タイ人俳優のTwitterが台湾・香港問題で炎上・・・

現在日本でも大人気のタイBLドラマ『2gether』。

この作品の主演俳優ワチラウィット・通称ブライトが自身のTwitterで、
中国・日本・台湾・香港の写真に
「4つの国」とのコメントをつけてツイートをしました。

このツイートを見た中国人が大激怒。

というのも、中国は「一つの中国」の原則を主張しており、
台湾・香港を国として認めていません。
にも関わらず、ブライトが台湾・香港を国と見なすようなツイートをしたため、
炎上する事態になりました。

ブライトは謝罪とともにこのツイートを削除しましたが、
今度は騒動がブライトの恋人であるタイ人女優ウィーラヤ・通称ニューに飛び火。
ニューは自身のツイッターで
「新型コロナウイルスが中国の陰謀だ」とする内容をリツイート。
またインスタグラムに投稿したニュー自身の写真に
「中国人の女の子みたいにかわいいね」とコメントがつくと、
「台湾人の女の子風よ」と返答。

これもまた中国に対する侮辱、台湾独立を支持する表現だとして中国人は大激怒。
#nnevvy というハッシュタグを使って
謝罪を求める、非難するなどの事態となりました。

タイvs中国の炎上劇に台湾・香港も加勢

この炎上騒ぎにタイ人たちが猛反発。
「タイ人俳優&タイ人女優と中国人のSNS上での炎上騒ぎ」は
いつの間にか「台湾・香港が独立した国家であるかどうか」を掲げた
ネット上での「タイvs中国」という構図になり、
罵詈雑言飛び交う大炎上事態に。

しかし、これはタイ人が一枚上手でしょうか。

中国人がタイ政府・タイ王室をバカにする発言を書き込むと、
おりしもタイ政府・タイ王室に対する不満が高まっているタイでは
自虐まじりに「その通りだよ」などと言います。

中国人がNMSL(中国のスラング「お前の母さんは死んでる」という侮辱言葉)
と罵り言葉をぶつけると、
タイ人は中国人をChineseではなくNMSLESEと呼んで面白がるなど
機転の利いた返しで応戦します。

このネット上での争いに台湾人と香港人も参戦し、
タイ・台湾・香港vs中国という展開に。

そしてタイ・台湾・香港の連合チームは
いつしかミルクティー同盟(Milk Tea Alliance)と呼ばれるように。

なぜタイ・台湾・香港でミルクティー同盟(Milk Tea Alliance)なのか?

なぜタイ・台湾・香港のチームが
ミルクティー同盟(Milk Tea Alliance)と言われるのでしょうか。

タイ・台湾・香港いずれも独自のミルクティーを飲む文化がある、
という点で共通しているからです。

タイはタイティー。
タイ語では「チャーイェン」(アイスティーの意味)と言います。
鮮やかなオレンジ色、甘い香り、たっぷりの激甘コンデンスミルク。
カフェはもちろん、道端の屋台でも売っています。

台湾と言えば珍珠奶茶。
日本で大ブーム、タイでも人気のタピオカミルクティーのことです。

 

香港の独自のミルクティーは港式奶茶、絲襪奶茶と呼ばれるもので
濃いめに淹れた紅茶にエバミルクを入れるスタイル。

 

こうして反中国のシンボルとして「ミルクティー」という共通項を見出して
タイ・台湾・香港はミルクティー同盟(Milk Tea Alliance)を結成し、
牛乳を入れない中国茶を飲む中国に挑みました。

ハッシュタグ#MilkTeaAllianceも誕生し、
Twitter等SNS上で頻繁に使われるように。
さまざまな画像も作られ、SNS上に投稿されています。

2020年4月に始まったこのSNS上での騒ぎは今も続いています。
中国との国境での紛争があったインドも
チャイ(インドのミルクティー)を飲む国として
ミルクティー同盟に加えるような動きもあったり、
中国周辺諸国でミルクティー包囲網をつくる構想も出てきています。

中国をルーツにもつタイ人も非常に多い中、
「血は水よりも濃い」ならぬ
「ミルクティーは血よりも濃い」(Milk tea is thicker than blood)
とミルクティー同盟はますます固く結束していくのです。

 
https://thediplomat.com/2020/04/in-milk-tea-we-trust-how-a-thai-chinese-meme-war-led-to-a-new-online-pan-asia-alliance/

コメント

タイトルとURLをコピーしました