vol117 タイ生まれの屋台フード・カノムトーキョーとは?

タイで遊ぶ

食べ物がおいしいタイ。
街を歩けばグルメ天国、
特に日本ではあまりお目にかかれない屋台も
タイではいたるところに出ています。

 

ガパオライスやカイジアオの屋台、小さいコーヒースタンド、
豚肉や鶏肉の串焼き屋台、カットフルーツ、
タイのお菓子なんかも売られていて、
今日はどこで何を食べようかな、と迷ってしまいます。

今日は、そんなタイの屋台フードの中から、
タイ生まれのカノムトーキョーのお話。

スポンサーリンク

タイのお菓子、カノムトーキョーとは。

カノムトーキョーは、
カスタードクリームやパンダンクリームなどを
薄く焼いたホットケーキ生地で巻いたお菓子。
ソーセージや豚ひき肉を巻いた食事系のカノムトーキョーもあります。
屋台で食べられるお手頃おやつです。

カノムはタイ語でお菓子、トーキョーは東京のことを指すので、
カノムトーキョーは直訳すると「東京のお菓子」という意味。

じゃあこれは東京のお菓子なのかというと、
東京で見たこともないし聞いたこともないですよね。

少し古い2016年の記事ですが、
英字紙Bangkok Postでは
このお菓子のルーツについて以下のように説明されています。

カノム・トーキョーの発祥は、1964年のタイ大丸のオープンに起因する。
バンコク生まれのお菓子であり、東京では見かけない。

この日本スタイルのタイ大丸は、
タイで初めにエスカレーターを設置したショッピングモールでもあるが、
この時に売られた「どら焼き」がタイ風に変化して取り入れられたものが
カノム・トーキョーであると言われている。
Bangkok Post:Tasty Trivia

名前はカノムトーキョーだけどバンコク発祥なので、
東京では見ないわけです。

中には「日本のお菓子だからトーキョーなんでしょ?」
と思っているタイ人もいるようですが、
わたしはタイ人の友人から
「これトーキョー関係ないのにカノムトーキョーなんだよ~」
と教えてもらいました。

 

見た目も味も
愛知県の名産として知られる「あん巻き」に
よく似ているかもしれません。

 

屋台フードなので価格もお手頃。
こちらは1本10バーツ(約35円)。
おやつにぴったりです。

 

ただし、他の屋台フード(例えばガパオライスやカットフルーツ屋台)
に比べるとカノムトーキョーの屋台は
町中ではなかなかお目にかかれない気がします。

大きな屋台広場やフードコートで見つかる場合もあります。

カノムトーキョーを見かけた際は
ぜひ食べてみてください。

タイ発祥のお菓子とはいえ、
かなり日本人受けする味で
少し懐かしい感じを覚えるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました