vol157 インターコンチネンタルバンコクの朝食ブッフェで優雅な朝。

タイで遊ぶ

平日に有給休暇をとって、
かの有名な5つ星ホテル・インターコンチネンタルホテルの
朝食ブッフェへ行ってきました。

Intercontinental Bangkok 

スポンサーリンク

インターコンチネンタルバンコクの朝ごはん @Espresso

 

インターコンチネンタルバンコクの朝食ブッフェ会場は、
2階のEspresso(エスプレッソ)。


1階がレセプション、2階が朝食会場のEspresso。

宿泊客だけでなく、
朝食だけを食べに行くことも可能。

今回はわたしは宿泊はなしで、
事前に公式HPから予約を入れて
朝食ブッフェのみで行きました。

予約フォーム

タイはホテルで朝食だけを食べられるケースは
けっこうあるみたいですね。

 

 

平日(金曜日)の朝8:00に予約して行きましたが、
新型コロナで外国人観光客が入って来れない状況もあり、
席は十分あいていました。

パリッとしたシャツを着た欧米系のビジネスマンや
仲が良さそうなタイ人の母娘、老夫婦、家族連れ、
20代半ばくらいのタイ人の男性2人組は
テーブルいっぱいにお皿を並べて
朝からもりもり元気に食べていました。

1人で行きましたが、
朝食なので仕事前に1人でささっと食べる人もいて、
わたし1人でもあまり気になりませんでした。

 

服装に関しては、
あまり神経質にならなくてよさそう。

パジャマや、キャミソールにホットパンツとかは
さすがに場にそぐわないですが、
特別にドレスアップする必要はなし。
Tシャツにシフォン生地のワンピース、
スニーカーとカジュアルな感じで行きましたが、
他のお客さんも同じような雰囲気でした。

インターコンチネンタルバンコク朝食ブッフェの料金

インターコンチネンタルバンコクの
朝食ブッフェの料金は1人795バーツ(税サ別)。
日本円にして2800円程度です。

ただし、わたしが行った時は
プロモーション期間で(2021年3月31日まで)
450バーツ(税サ別)になっていました。
税サ込でトータルの支払いは530バーツ。
2000円以下で高級ホテルの朝食を楽しめるのは
けっこうお得感あると思います。

ちなみにインターコンチネンタル横浜の
朝食ブッフェ料金は大人1人3600円(2021年3月時点)。

バンコクの方がかなり安いですね。

 

インターコンチネンタルバンコクの朝食ブッフェ メニュー

インターコンチネンタルバンコクの朝食は
洋風のメニューを中心に、
タイ料理、和食、中華などがありました。

 

テーブルについて
まず飲み物をサーブしてもらいます。
ホットコーヒーをお願いし、
軽めにシリアルからスタート。
ナッツやドライフルーツを入れてみましたが、
ドライフルーツがめちゃくちゃおいしかった・・・!

 

エッグステーションでは、
メニューの中から好きな卵料理をオーダー。
その場で調理し、
テーブルまで持って来てくれます。

 

今まで食べたことがなかったので
いちどトライしてみたかったエッグベネディクト。

お皿が大きいのでかなり小さく見えますが、
相当お腹がふくれます。

バケットにハムやチーズ、
ポーチドエッグがのっていて、
卵を割ると中の黄身がトロトロっと出てきます。

 

マフィンやデニッシュ、ロールパン。
ワッフルやホットケーキもあります。
パン類は種類が充実していました。

 

 

フレッシュジュース。

 

おみそ汁がチムチュムの鍋に!
種類は少ないですが、
かっぱ巻きなどの巻きずしや漬物もありました。

 

 

ここはクイッティアオ(タイラーメン)を作ってくれます。
朝からラーメン?!と思うかもしれませんが、
あっさりしているので比較的食べやすいと思います。

 

フルーツコーナー。
タイらしく、パイナップルやパパイヤが。

 

サラダにフルーツ。ロールパン。
野菜の選択肢が全体的に少なかったかな、という印象。
おかず系もソーセージやポテトなんかが多かったので。

 

盛り付けがちょっと残念ですが。
ゆで卵・焼きトマト・きのこのソテー・
ソーセージ・ハッシュポテト・リンゴデニッシュ

 

アイスクリームやミニサイズのケーキもあり、
デザートまで楽しめます。

 

食後に頼んだ紅茶が、
シンガポールの高級なTWGの
イングリッシュブレックファストでした!!
香りがよくてとっても好きです。
最後の最後まで最高の気分。

 

ブッフェの品ぞろえは
特に多くもなく少なくもなく。
メニューも卵料理やパン、お肉など
一般的なもので特に「これは!」
と光るものはないですが、
総合して満足できる朝食ブッフェだと思います。

インターコンチネンタルバンコクへの行き方・アクセス

最寄りはBTSチットロム(Chit Lom)駅。
駅のすぐ目の前なので、とても便利。

 

ここはアマリやグランドハイアット、
アコーホテルズ系列のホテルなど
高級ホテルが立ち並び、
セントラルワールドという大きな商業施設もある
バンコクの中でもかなりハイソなエリアです。

朝ごはんを食べて、
ショッピングして、
エラワン廟にお参りして、
カフェで休憩して、
マッサージを受けて、
などと1日中遊びまわれます。

 

まとめ:たまには贅沢な朝食ブッフェもいい!!

張り切って朝食を食べに行くことって
めったにないのですが、
たまにはいいな、というかめっちゃいいなと思いました。

朝ごはんをホテルに食べに行く
というだけで非日常的な気分になれるし、
朝ごはんなら値段もディナーよりは手頃。

ちょっとしたセレブ気分を味わえて気分もいいし、
朝ごはんのために早起きするので
その後の1日を有意義に過ごせます。

 

ここ最近できていなかった
海外旅行者の気分も味わえて、
とても元気が出る朝食ブッフェでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました