vol110 CUB House ホンダバイク×カフェの新しいブランド発信拠点@エカマイ

タイで遊ぶ

日本車大国タイでは、ホンダも人気メーカーの1つ。
先日のバンコクモーターショーでも新型CR-Vが発表され
大変注目を集めたことは、
以前バンコクモーターショーの記事でもお伝えしました。

vol107 バンコクモーターショー2020に行ってきました!(2)
バンコクモーターショー2020レポ第2弾。レクサスの高級ミニバン、東南アジアに強い三菱、高級車ポルシェの新型EV、注目を集めるホンダのSUVをピックアップ。

 

 

今回この記事でお伝えするのは、
ホンダのバイクCUB(カブ)×人気カフェのコラボ、
バンコクのエカマイにあるCUB House(カブハウス) です。

スポンサーリンク

バンコク・エカマイのCUB House(カブハウス)とは

バンコク・エカマイにあるCUB House。

ホンダの二輪事業のタイ現地法人AP HONDAが運営する、
ホンダのバイク・カブやモンキーのショールーム兼カフェです。

カブといえば1958年の発売開始以来
国内外でロングセラーとなっており、
タイを含め東南アジアでも人気。
東南アジアでは、
国によっては「ホンダ」という言葉自体がバイクを意味するほど。
スーパーカブの後ろに山積みの荷物を載せて走る光景を
どこかで見たことのある方も多いかと思います。

 

タイのファッションブランドが運営する人気カフェ
GREYHOUND COFFEE(グレイハウンドコーヒー)とのコラボ店であり、
バイク、アクセサリーパーツの他、
ファッションや本格的なコーヒーも楽しめます。

vol23. バンコクカフェめぐり/Greyhound Cafe(グレイハウンドカフェ)@チットロム
今日のバンコクカフェめぐりは、 タイで有名なファッションブランドがプロデュースする、 Greyhound Cafe(グレイハウンドカフェ)。バンコクのショッピングモールにはたくさん視点があり、今回はセントラルワールドのお店へ。 スタイリッシュな空間で美味しいパスタやデザートが食べられます。

 

 

カブやモンキーの展示。
販売もしており、”SOLD”の札がたてられたバイクも。

 

 

 


ここが商談スペースとなっており、
店員さんとお客さんが実際にここで話し込んでいました。

マフラーをはじめとしたバイク部品が有名なモリワキ、
キタコ、カスタムパーツのG craftなどの
バイクアクセサリーも販売。


 

ファッションブランドGreyhoundとのコラボということもあり、
CUB Houseオリジナルのファッションアイテムも。
パーカーやTシャツなど、
デザインやサイズ感を見るに主にメンズ向けのようですが、
サイズが合えば女性が着てもかわいいですね。

 

バイクの整備場も併設。

見渡す限りバイク、バイク、バイク。
バイク好きの方にはたまらない場所でしょう。

 

ただ、このCUB Houseのいいところは、
バイクファンはもちろん、
バイクファンではない人も楽しめる点。

というのも、Greyhoundとのコラボカフェであるため、
カフェの方もかなり本格的。
コーヒーやカフェラテ、今はやりのニトロコーヒーなどが
メニューにあります。

Nitro Cold Brew 130THB
Lemon Cream Pie Cake 95THB

 

コーヒーを飲みつつ勉強している男性もいましたし、
1人で来ているタイ人女性客もいました。
フリーWiFiや電源もあるためPCで仕事中のお客さんもおり、
コーヒーもケーキもとてもおいしく、
普通のカフェとしても気軽に使えます。

バイク×カフェという珍しさもあるので、
SNS好き女性の写真スポットにもなるかも。

また落ち着いた雰囲気、ハイソなイメージのあるエカマイ
という立地もCUB Houseのイメージを押し上げる要素。

 

 

 

バイク・車×カフェのブランド戦略

バイクあるいは車はディーラーや専門店で売られるものだったので、
バイク・自動車メーカーにとっては
事務所と工場、ディーラーさえあれば商売は完結するはずですが、
ここ最近日本において自動車メーカーが
カフェやコンセプトストアを運営するケースが増えました。

 

・トヨタ Mega Web(モビリティの体験型テーマパーク)
・レクサス LEXUS MEETS…Hibiya
(ブティック、カフェ、車両展示・試乗が一体となったブランド体験型施設)
・ベンツ Mercedes me(カフェ・試乗等コンセプト情報発信拠点)
などが挙げられますが、
ブランドイメージの発信やライフスタイルの提案
といったいろんな役割を担っています。

移動手段、輸送手段であったバイクや車が
ライフスタイルを形作るものととらえられるようになっているんですね。


東京ミッドタウン日比谷にあるLEXUS meets…Hibiya
車の展示だけでなく、レストラン、生活雑貨の販売も。

こういったブランド発信施設やカフェであれば
バイク・車に興味のある人、購入を検討している人だけでなく、
女性同士でもショッピングのついでに立ち寄れたり
デートスポットにもなり得るため、
従来のディーラーや専門店と比べると
アプローチできる客層がぐっと広がります。

 

タイではこういったカフェコラボやブランド発信拠点というのは
まだ日本ほどは聞かないのですが、
トヨタがICON SIAM(アイコンサイアム)にTOYOTA ALIVE SPACEという
新しいかたちのショールームを出しています。

今回行ったHONDAのCUB Houseも
バイクファンへのアプローチはもちろんのこと、
バイク好きでない人がたまたまカフェに立ち寄ったのをきっかけに
バイクに興味を持つ可能性もあり、
HONDAブランドの発信地として素晴らしい店舗ですね。

CUB House店舗情報

住所:85 Ekkamai 3 Alley, Khlong Tan Nuea,
   Watthana, Bangkok 10110
営業時間:10:00- 18:30
電話: 02 116 4446

BTSエカマイ駅からは徒歩で20分程度と少し遠め。
ドンキホーテのすぐ近く。
Wi-Fi、コンセント有。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました