vol128 バンコクねこカフェの穴場・HOC beverage bar & cat cafe@スティサン

タイで遊ぶ

最近は「バンコクねこあつめ」と題して、
バンコクのあちこちでのらねこを見つけては写真を撮りまくっています。
ねこは癒やしです。

(Twitterで♯バンコクねこあつめ と検索してみてくださいね!)

ただ、のらねこは引っかかれたり噛まれたりしたときの病気が怖いので、
あまり近づいたりさわったりすることができません。

vol5 タイでねこにひっかかれた話。狂犬病、破傷風etc...海外で気を付けたい病気リスク。
タイでよく見かけるノラ犬、ノラねこ。 ノラ犬はかなり大きさがあって怖いのですが、 ねこ好きのわたしにとってノラねこが多いのはうれしい限りです。 しかも、人慣れしたねこが多いので、写真を撮ったりごはんをあげたりよく遊ぶのですが、 つい先日、よく遊ぶねこにいきなりねこパンチを食らわされ、手にひっかき傷が…。

「引っかかれる心配なく思いきりねこをモフモフしたいなあ」
と思って行ってきたねこカフェ、
HOC beverage bar & cat cafeです。

スポンサーリンク

HOC beverage bar & cat cafeへのアクセス・行き方@MRTスティサン駅

HOC beverage bar & cat cafeの最寄はMRTスティサン(Sutthisan)駅。

MRTスクンビット(Sukhumvit)駅から5駅、20分程度です。
おそらくバンコクにお住まいの方も
あまり行く用事がない場所ではないでしょうか。
わたしも今回スティサンには始めて行きました。

スティサン駅の3番出口を出たらずっとまっすぐ行けば着くので
道には迷わないかと思いますが、徒歩15~20分程度かかります。

町の床屋さんや自動車の町工場、小さい食堂などが並ぶ
いわゆるローカルエリア。

道中。ネオンがすごいけど何の店かは分からない。

こんな所にねこカフェ&バーなんかあるのか
疑問に思うかもしれませんが、
スティサン駅からまっすぐ行けば左手に出てきます。

さほど大きくない、こじんまりとした店構えです。

HOC beverage bar & cat cafe入ってみた。

店内は吹き抜けの2階建て。
それほど大きくなく、席数も多くはありません。

右手のカウンターで注文。
1階ではタイ人のお兄さんがMac bookを持って来て
何かお仕事中でした。
Wi-Fiあり、電源も借りられます。
このサイズ感だとお客さんの数も限られるので、
がやがやすることもなさそうです。

手洗いをして、靴を脱ぎ、
店の奥の階段を上がった2階がねこスペース。

 

ねこは5匹。

ちょっとばかり不機嫌だった。オートさん(?)。
男の子がなでてたらシャーッて言ってました。

 


どアップで撮影させていただきました。アダムさん。

 


ヒョウ柄っぽいのがオニさん。
若干警戒心強めかな。
唯一「へちゃむくれ顔」じゃないねこでした。

 

 


席を離れている間にわたしのいすを寝床にしていたねこ。
イセーさん。ヘッドマッサージしたら寝てしまいました。

 


アレンさん。さっきのアダムさんの子どもだそう。

 

長毛種のへちゃむくれさんが多いですね。
みんな人慣れしているのですが、
あまり構いすぎると逃げられるし、
軽くカプッと甘噛みされました。

足元にすり寄ってきたりひざに乗ったりというよりは、
みんな勝手気ままに遊んでいて、
人間にはあまり興味なさそうな感じ。
ねこらしいですね。

HOC beverage bar & cat cafeのメニュー・料金体系

ねこカフェですが、入場料や制限時間等の縛りは一切なく、
通常のカフェと同じで何かオーダーすれば好きなだけ滞在できます。

 

メニューがねこカフェ込の高め設定なのかと思いきや、
バンコク中心部のカフェに比べるとむしろ安く、
コーヒーやカフェラテが60バーツ程度です。

プロンポンあたりのカフェだと、
コーヒー1杯100バーツくらいしますよね。

フードメニューも多くはないですが、
ハンバーガー、デザートどれもおいしそう。

グラブやフードパンダの配達員もたびたび店に来ていて、
デリバリーの注文も多いようです。

夜にはお酒も飲めます(レポート追記します!)

HOC beverage bar & cat cafeは穴場ねこカフェ!

「バンコク ねこカフェ」等で検索すると
いろんな日本人のねこカフェ情報が出てくるのですが、
HOC beverage bar & cat cafeは情報が少なく、
注目度が低いのか、知名度か、
あるいはやはりスクンビットエリアから外れるせいが大きいでしょうか。

 

ただ、それゆえに穴場ねこカフェでもあります。

まず、お客さんが少ないこと。
サイアムとかプロンポンあたりにあるカフェって
ショッピングスポットも多くて人が集まるため、
カフェもたいがい混雑しているし
動物カフェは時間制限がつく場合も多いです。

HOC beverage bar & cat cafeに関しては
周辺にお出かけスポットが少ないので、
それほど人が集まって来ず
カフェへのお客さんの入りもさほど多くありません。

混雑して入れない心配もないし、
遠慮して長居しにくいということもありません。
お客さんが多すぎてねこと遊べない、というようなこともありません。

 

次に、HOC beverage bar & cat cafeは料金が非常に安いですね。

ほかの動物カフェの場合、
2時間300バーツ(1ドリンク付き)といった料金設定だったり、
あるいは1時間ごとにチャージして滞在時間に合わせて請求する、
150バーツ以上のメニューを頼む、
というような料金設定をしているところが多数です。

そういったシステムが一切ないHOC beverage bar & cat cafe。

コーヒー1杯で数時間粘ってもルール違反ではありませんし、
(マナーとして限度はあるかもしれませんが)
最低料金がないのでほしくもないものをオーダーする必要もないし、
時間を気にせずさくっと帰っても多少長居しても問題なし。

 

ねこが5匹、というのがほかのねこカフェに比べて少なめ、
駅から遠い、普段あまり行く用事がないエリア、
というのが難点かもしれませんが、
そういうのが気にならなければ気楽に過ごせるねこカフェです。

住所: 281, 3 Sutthisan Winitchai Rd, Samsen Nok,
Huai Khwang, Bangkok 10310
営業時間: 8:30 – 23:30
TEL: 095 669 8176
Facebook:HOC Beverage Bar and Cat Cafe

 

バンコクにもねこカフェや犬カフェなど
いろんな種類の動物カフェがあります。
こちらもチェックしてみてください。

vol124 バンコクのRabbito' Cafe'でうさぎをもふもふしてきた。
動物好き、うさぎ好き、もふもふ好きの方に朗報。バンコク・ウドムスックのうさぎカフェRabbito’Cafe'で、うさぎさんをもふもふできます!モルモットやチンチラも。 うさぎさんたちをもふもふしに行きませんか。
vol111 The Fairy Door(フェアリードア)・もふもふねこカフェ@トンロー
バンコク・トンローで人気のねこカフェ”The Fairy Door”。おとぎ話の小さなドアをくぐれば、アリスみたいなメルヘンチックな店内にもふもふねこがたくさん。トンロー駅徒歩圏内のRain Hillで便利な立地。ねこもふもふして嫌なことは全部忘れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました