vol29 タイ・バンコク暮らしで生活水準があがった点。

タイで暮らす

今日は、東京からタイ・バンコクに移住し、暮らし始めて、
生活水準が上がった点についてです。

以前、「タイ生活ここが困る!!」なんて半分口みたいな記事を書きました。


タイに来て困ることがある一方、タイでいい思いをしているのもたしかです。

タイ・バンコク暮らしこんなところがいいよ!という点をいくつかまとめてみました。

スポンサーリンク

1.タイはマッサージが安い。

タイはマッサージが安い。これだけでもうタイに住む価値があります。

日本だと、安いチェーン店でも1時間3980円くらいでしょうか。
ちょっといいところに行ったり、オプションをつけたりすると、
5000円を超えることもしばしば。高いですよね。
日本では肩がこりすぎて頭が痛い時とか、友だちと温泉や銭湯に行った時など、
年に1、2回くらいしかマッサージに行きませんでした。

 

タイだと、例えばバンコクの中心地から少し外れた地域で、
タイマッサージ 1時間200バーツ(約750円)
フットマッサージ 1時間200バーツ(約750円)
オイルマッサージ 1時間300バーツ(約1050円)

安いので週1で通っています。おかけで体調良いです。
(でもトータルで考えると、日本にいる時よりマッサージ代かかってますけどね。)

観光客向けのお店や少し良いお店だと1000バーツをこえることもありますが、
それでも日本のチェーン店の3980円と比べるとお得感があります。

 

タイで高級スパチェーンや5つ星ホテルのスパに行っても、
日本で同じクラスのスパ・マッサージを受けるよりは安いですよ。

vol4 ロクシタンのスパを受ける。Le Spa with L'OCCITANE, Sofitelバンコク
美容大国タイには、たくさんのタイ発有名スパや高級スパがありますが、バンコクにロクシタンスパがあるのはご存知でしょうか。 フランス発のコスメブランド・ロクシタンは、 ボディケア用品やハンドクリームなどが人気ですが、 このロクシタンを使用したスパがバンコクのホテル、SOFITELにあるので、受けてきました。 体験レポートや料金、アクセスなどチェックできます。

2.タイは住居が豪華。

タイに住む日本人はサービスアパートコンドミニアム
と呼ばれる形態の家に住むことが多いかと思います。

コンドミニアムは基本的には賃貸アパートという感じ。
家具・家電付きの場合が多いです。
何より、ジム・プールつき。無料で使えます。

各部屋ごとのオーナーさんがいて、家具もオーナーさんが選ぶのですが、
部屋ごとにオーナーさんの好みやセンスが出て、めっちゃおしゃれです。
ドラマに出てくる一人暮らしの美人OLの部屋かと思ってしまいます。

わたしは最寄駅まで徒歩10分、バンコク中心部まで電車で20分程度、
1ベッドルーム(リビングとベッドルーム有)、もちろんジム・プール付きの家ですが、
家賃は月々33,000円程度です。

たぶん東京で同じような家に住むとしたら何十万円すると思います。

サービスアパートは、部屋は特にコンドミニアムと変わらないですが、
少しホテルっぽいのが特徴で、部屋の清掃やランドリーサービスがあります。
もちろんジム・プール付き。
単身の男性や仕事が忙しい駐在の方はサービスアパートを選んでいる印象です。

3.タイはタクシーが安い。

タイはタクシーが安いです。初乗り35バーツ~(約120円)。
以前、飲み会帰りの夜中に家まで5㎞ほど乗りましたが、
ざっくり150バーツ(約530円)ほどでした。
たぶん、夜中だし外国人と見てぼったくられてると思いますが、
たまにしか乗らないタクシーだしぼったくられてワンコインちょっと。


日本のタクシーだと初乗り2㎞で700円前後ですよね。
まあ、そう考えたらタイのタクシーは安いです。

 

今はタイではGrabという配車アプリを使えば、
アプリに表示される適正価格で気軽に乗られるので便利です。

タイ生活は最高。

以上、こんな感じでタイ生活は日本に比べて生活水準があがります。

これくらいの暮らしをして、実際1か月の生活費はどれくらいか?
というのはこちらの記事を見てみてください。

vol56 タイ現地採用の生活費2020年3月編。タイで生活やっていけてる?
20代女性バンコク現地採用の、2020年3月の家計を振り返り。現地採用でやっていけるの?生活費どれくらいかかるの?貯金できる?遊びに行ける? 気になる方のご参考に。3月分の支出すべてお見せしてます。

もちろんタイに住んでいて困ることも多いですが、
個人的には「タイに住むデメリット」と「タイに住むメリット」を比べたら、
「タイに住むメリット」の方が上回ると思っています。

まだ、住んで数か月なのでこれからもっとたくさん苦労するかもしれませんが。

これからタイに住む予定の方、タイに住んでみたいと思っている方に、
今回ご紹介したようなタイ生活の日常を知っていただければ嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました