vol50 アプリで注文、配達まで!バンコク・Grabでフードデリバリー。

タイで暮らす

ここ数年、フードデリバリーのアプリがものすごい勢いで成長していますが、
タイではGrab、Food Panda、Line Manなどが
主に使われています。

アプリで注文したら、家の前まで届けてくれるのでとても便利ですね。
先日、夕食を食べに出ようと思ったら雨が降ってきたので、
外出をあきらめて初のGrab Foodを使ってみることにしました。

スポンサーリンク

Grabってなに??

そもそもGrabとは、ライドシェアアプリを運営するマレーシア発の会社です。

アプリに乗車場所と降車場所を入力すると、近くのGrabタクシーが乗車場所まで来て、
目的地まで送り届けてくれる配車アプリですね。

事前におおよその金額が分かるのでぼったくられることがないし、
値段交渉や場所の説明をする手間が省けるので、
地元の人にはもちろん、海外からの旅行者にはかなり使いやすいサービスです。
タイではタクシーだけでなく、バイクタクシーもアプリで呼べるようになっています。

さらに、このGrabがアプリ上でお客さんからの注文を聞いて,
代わりに飲食店で注文し、
家あるいは指定の場所までバイクで届けてくれるサービスがGrab Foodです。

街中を歩いていると、緑色のボックスを乗せたGrab Foodのバイクをあちこちで見かけます。

Grab Foodの使い方

Grabのアプリは無料でダウンロードできるので、まずはアプリをダウンロード。


アプリを開くと、こんな画面が出てくるのでFoodを選択。

今度はこんなお店を選べる画面に変わります。


マクドナルド、スターバックス、バーガーキングなどもありますし、
かつや、吉野家、やよい軒など日本食のお店も出てきます。
ジューススタンドのジュースやタピオカミルクティーなど、
ドリンクだけでも注文できます。
タイ料理ももちろん頼めますし、数も多いのですが、
メニューが基本タイ語表記なので、タイ語が読めない人には難しいです。
PIZZA HUTやかつやなどはメニューのタイ語表記の下に英語表記もあります。

今回は久しぶりに和食が食べたいなーと思い、かつやのかつ丼を選択。
家から店舗までの距離、配達までのおおよその時間、配達料が確認できます。
今回は家から近かったためか、配達料はたったの9バーツ(=約33円)。
少し遠い店になると30バーツくらいになることもあるのですが、
お駄賃みたいな値段で配達してくれるのでついつい使ってしまいます。


メニューの一例です。
自分の食べたいメニューをタップして注文を進めていくと、
アプリが勝手に近くのドライバーを探索してくれます。

注文してから配達されるまでの時間が表示されるので、あとは待つだけです。
「店につきました」「商品を受け取りました」など、
その都度アプリで通知があるので進捗状況が分かります。
アプリ上でドライバーとチャットもできて、自動で翻訳してくれます。

配達場所につくとアプリでの通知+ドライバーがアプリ上の電話をかけてくれるので、
アプリ画面に表示された値段を直接ドライバーに支払い、商品を受け取って終了。
現金払いのほかに、Grab payというモバイル決済サービスもあります。

今回は商品119バーツ+配達料9バーツだったのですが、
初めての利用だったからかキャンペーンクーポンがあり、配達料は無料になりました。

Grab Food、いざ実食。

しっかりプラスチックのボックスに入れられ、お箸とスプーンまでついていました。

汁漏れはなく、ごはんがかたよったりひっくり返ったような形跡もありません。

ドライバーが商品を受け取ってから配達するまで10分程度だったので、
ごはんもまだ温かい状態でした。
カツのサクサク感はありませんでしたが、
そもそもお店で食べたことがなく、本来サクサクなものかどうかが分からないので、
次回は店舗で食べて確かめてみます。

〈追記〉→かつやの店舗でもかつ丼を食べましたが、
たまごとじがたっぷりかかっているので、
お店でも「サクサクッ」とした感じではありませんでした。
やはり今回は、食感は配送時間に関係ないみたいでした。

とりあえず今回は、かつやなので味がおいしいのはもちろん、
配送ダメージは一切見受けられませんでした。

タイ・バンコクでGrab Foodは便利

アプリで手軽に注文できて、自宅まで配達してくれるGrab Foodはとても便利でした!!
実際私の住んでいるアパートにも、Grabはじめフードデリバリーのバイクが
ひっきりなしに入ってきます。
それだけみんなが利用しているということですね。

配達料も安くて、人件費やら配達用のバイク費用やらを
どうやってまかなっているのか心配になるほどです。

雨が多い雨季だと、外出するのが億劫になるくらいの大雨が降ったり、
そうでなくても雨上がりは水たまりができて池みたいになっていたり、
歩道もぼこぼこで歩きにくかったりと、
ちょっと10分ほど歩いてレストランに行くだけでもストレスになるので、
家から一歩も出ることなく食事を買えるのはありがたいです。

 

安くて簡単で気軽に使えるのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました