vol60 バンコク・新型コロナウイルスの記録(3)

タイで暮らす

前回までの記事vol58, vol59に続き、
今回はvol60、「バンコク・新型コロナウイルスの記録(3)」です。

vol58 はこちら。

vol58 バンコク・新型コロナウイルスの記録(1)
世界中で新型コロナウイルスが大流行し、 各国で経済活動停止、ロックダウン、フライトの運休など、 大変な状況ですが、いかがお過ごしでしょうか。 今回はタイで新型コロナウイルスの感染が確認された1月13日~3月1日までの記録を、いくつかのトピックをピックアップしながらお伝えします。

vol59はこちら。


これまでのタイにおけるコロナの発生状況や国の対策、街の様子などを、
いくつかのトピックを時系列順にピックアップしながらお伝えします。

なお情報元は在タイ日本大使館やWHOの発表など
信頼できるものをソースとし、情報元も記載するようにしますが、
ご自身でもよくお調べになってください。

スポンサーリンク

2020年3月26日 タイの累計感染者数が1000人超え

3月26日、タイにおける新型コロナウイルスの累計感染者数が
1000人を超えます。
3月26日時点で、タイでの感染者数は1045人、死者数は4人でした。

タイ保健省20200326

ちなみに厚生労働省発表によると、同じ3月26日時点で、
日本での感染者数は1292人、死者数は45人でした。
厚生労働省20200326

2020年3月26日~非常事態宣言発令

タイのプラユット首相は3月25日、
新型コロナウイルスの拡大を防ぐために、
3月26日~4月30日までタイに非常事態宣言を出すことを発表しました。

感染の危険がある場所への出入り禁止や国境封鎖、
集会の禁止、偽情報の流布の禁止などが規定されていますが、
強制力のある外出禁止令や移動制限は盛り込まれていませんでした。

タイ政府発表20200325

2020年3月29日 志村けんさん新型コロナウイルスに感染・死去

3月29日、日本のコメディアン志村けんさんが、
新型コロナウイルスに感染し、70歳で亡くなりました。
日本では大きく報道され、追悼番組が企画されるなど、
日本中に衝撃をもたらした残念な知らせでしたが、
日本だけでなくアメリカ、韓国、インド、その他世界中で
ニュースになっていたようです。

タイでもネットニュースやTwitterなどでニュースになりました。
Khaosod English(タイ)

2020年4月3日〜夜間外出禁止令

プラユット首相は4月2日、
夜間外出禁止を4月3日から発令することを発表しました。
これにより、医療従事者など一部の人を除き、
午後10時から午前4時までの間は、外出禁止となりました。

また、この夜間外出禁止令によって、
コンビニなどは深夜24時01分から午前5時までの間、営業が禁止されました。

いつ夜間外出禁止令が解除されるかはまだ明らかになっていません。
タイ政府発表20200402

2020年4月8日 ビザの自動延長措置の発表

4月8日タイの内務省によって、
3月26日以降にビザが切れる外国人については、
特別な手続きなしに4月30日まで自動延長されることが発表されました。

タイの入国管理事務所(イミグレーションオフィス)が連日混雑しており、
クラスター発生リスクを考慮しての措置となりました。

またタイ在住外国人の90日ごとの居住報告(いわゆる90日レポート)も
本来3月26日から4月30日の間に報告するものについては、
一時的に免除されることとなりました。

日本大使館からのお知らせ20200408

2020年4月10日~4月20日 酒類販売禁止

4月9日にバンコク都知事によって、
4月10日から4月20日までの酒類販売禁止が発表されました。
9日の夕方には、スーパーやコンビニで
ビールなどのお酒を買い占めるお客さんの姿が見られました。
thaibeer
わたしも9日の夜19:30頃に家の近くのコンビニに行きましたが、
ビール売り場は半分近く空になっており、
シンハーの大きいダンボールをかつぐ人や、
ビールが10個も20個も入った袋を両手いっぱいに抱えた人が歩いていました。

日本大使館からのお知らせ20200409

今年のソンクラン休暇は日程が変更されましたが、
本来のソンクラン日程である4月13日に合わせて、
酒類禁止にしたと考えられます。

コロナウイルスを振り返る(3)

3月26日の非常事態宣言から始まり、夜間外出禁止令など、
一瞬ものものしい雰囲気を感じますが、
夜間を除けば通常どおり外に出られますし、
食料品や日用品は普段通り買える状態になっています。

ただし飲食店や商業施設などは依然営業禁止の状態が続いており、
経営破たんや、失業者の増加、それにともなう治安の悪化が心配です。

在タイ日本人のみなさんも、外出のしにくい窮屈な生活ながら、
日本食のデリバリーを楽しんだり、家で過ごす工夫をしているようです。

タイでも、他人と常に1-2mの距離を保ち感染を防ぐ
「ソーシャル・ディスタンス」が広く認識されており、
スーパーのレジ周辺やエレベーター内などに、
テープで線が引いてあったり、足形が置いてあったりします。


エレベーター内ですが、
みんなが背中を向けて立つ配置になっています。

この状況がいつまで続くのか、
早く終わってほしい気持ちでいっぱいですが、
タイでは新規感染者が減少傾向にあるようで、
もうひとふんばり、がんばりどころかな、と思っています。


Covid Tracker
こちらのオンラインマップで、
タイの新型コロナウイルスの感染状態が確認できます。
今は地域・場所のいかんに関わらず出かけないことがいちばんですが、
どうしても外出の必要がある場合等、
感染の危険のある場所の確認のために活用されると良いかと思います。

なお、今回の新型コロナウイルスの記録(1)~(3)ですが、
新型コロナウイルスに関して起きた事象をすべて網羅したわけではなく、
大きく話題になった事柄や影響の大きかった事柄などの一部を
ピックアップしています。

日本でもタイでも、政府や保健省、大使館などが、
随時情報を更新していますので、
必ずそちらをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました