vol160 ラチャテウィーのCaturday Cat Cafeは駅前便利なねこカフェ

タイで遊ぶ

ねこ好きには天国のバンコクですが、
今日もまたまた新しいねこカフェを訪れました。

vol150 ねこ好きにはたまらない!ねこ天国なタイ・バンコク。
今日は、「タイ・バンコクはのらねこ天国」というお話。 タイとか東南アジアはどちらかというと 「のら犬」のイメージが強いのではないかと思いますが、 タイに関しては想像以上にのらねこも多いです。 わたしの行動圏内に限って言えば のらね...

今日ご紹介するねこカフェは
サイアムの1駅向こう、
ラチャテウィーにあるCaturday Cat Cafeです。

スポンサーリンク

Caturday Cat Cafeへのアクセス・行き方

BTSラチャテウィー(Ratchatewi)駅が最寄り。
2番出口を出てすぐ目の前のCoco Walkにあり、
駅前すぐという非常に便利な立地です。

スクンビット方面からBTSに乗って
サイアム(Siam)駅の次がラチャテウィー(Ratchatewi)。
ラチャテウィー自体は
それほど遊び場があるわけではなさそうですが、
となりのサイアム駅はショッピングモールがたくさんあり、
ねこカフェついでにショッピングに行くのもいいかもしれません。

Caturday Cat Cafeの様子

入口近くには
このカフェのオリジナルキャラらしい
ゆるキャラみたいなねこが。

 

テーブルが並べてあり、
キャットタワーの上やその辺で
ねこが自由に遊んでいます。

 

12:00開店で平日12:30頃に行きましたが、
その時間はお客さんは2人ほど。
13:00を過ぎた頃からどんどん増えて、
多い時で15人くらいはいました。

 

駅前で便利だからか人気のようで、
休日は時間制限がついたり
入場待ちがあるそう。
平日なのでそこまでの客入りはなかったものの、
大学生くらいの若いタイ人が
たくさん来ていました。

カフェのスペースはもちろん、
ねこの数(だいたい30匹程度)との割合を考えても
たぶん30人40人も入ればかなりきついと思います。

 

Caturday Cat Cafeメニュー・料金

カフェに入る際に200THBを払い、
クーポンを買うことになっています。
この200THBは食事やドリンク注文に充てられ、
200THBを超えた分は帰りの際に支払うことになります。

ということで、カフェに入るには
1人につき実質200THB以上のオーダーが必要、
というような料金体系になります。

ドリンクは一般的な
コーヒーやカフェラテなど。

普通のカフェと比べるとちょっと高めですが、
ねこカフェなのでこんなもんかな。


フードメニューもそれなりにあり、
パスタや丼もの、
ケーキなんかもありました。

 

アイスラテ118THB
ポークライスボール168THB
トータル286THBになったので、
200THBクーポンとの差額
86THBを現金払いしました。

カフェラテは問題なしですが、
食事は正直期待しない方がいいです。
まあ、あくまでねこカフェなので当然ですが。
フライドポテトなんかは
まあおいしく食べられるかもしれません。

 

レジのところでは
コースターやノート、Tシャツなどの
オリジナルグッズの販売も。
コースターかわいいので
買おうかと思ったけどやめました。(断捨離中)

 

Caturday Cat Cafeのねこをドドンっと紹介。

みんなおとなしく人に慣れたねこばかりなので、
近づいたりさわったりしても逃げません。

ただし抱き上げたりひっぱったりするのは禁止です。

 

いちばん笑った。


もともとモフモフのねこを
夏仕様なのか体の毛だけカットしたのでしょう。
体とモフモフの顔のバランスがおかしくて
遠近感狂うし合成写真っぽくなってます。

 

このねこも笑った。


ちょっと怒ったみたい?な顔。
舌がしまえないみたいで出っぱなし。
そしてこの水飲みのお皿に
ずっともたれかかっててるのですが、
もふもふの毛先が水に入って
びちゃびちゃになってました・・・笑

 

ねこは寝子。
その辺に丸まったり、
お気に入りの箱やかごに入って寝てるねこも
たくさんいました。


寝ているねこは起こさないでね、とのことでした。

 

丸まって寝るねこ。ベンガルかな?

 

 

丸まって寝てるけど、めっちゃはみ出してるねこ。

 

ねこはあちこちで遊んでいるので、
テーブルを離れて歩きまわってOK。
貴重品の管理に気を付けるのと
オーダーした食べ物・ドリンクも
ねこが食べたりひっくり返したりしないよう
注意が必要です。

 

テーブルが占拠されています。

 

だいたい30匹くらいいたかと思います。
もふもふ長毛種の顔ぺちゃねこが多かった印象。

バンコクはどこのねこカフェに行っても
もふもふの顔ぺちゃが多いので
人気の猫種なのかもしれません。

長毛種が多いこともあって
服がねこの毛だらけになるので、
汚れても気にならない服がよさそうです。
(店の入口にコロコロテープがあるので
帰りに毛をとることはできますが。)

 

カフェではちゅーるやウェットフードも売っていて、
買ってねこにあげることもできます。
1枚89バーツでねこと記念のポラロイドを
撮ることもできます。

 

なぜか店のすぐ外で寝ているねこもいました。
めっちゃ無防備。

たぶんねこカフェのねこじゃなくて
ここに住みついたのらねこなんでしょう。
病気等の心配もあると思うので
店内には入れてあげられないと思いますが、
もしかしたら多少お世話してるのかな。

 

Caturday Cat Cafe 概要

Caturday Cat Cafe
住所:10400, 89/70 Phayathai Rd, Thanon Phetchaburi,
Ratchathewi, Bangkok 10400
営業時間:土日11:00~21:00
平日12:00~21:00
月曜定休
TEL:02 656 5247

公式FACEBOOK

バンコクは意外とねこカフェが多いので
他の店にも行ってみるといいですよ。

あとねこカフェではないんですが、
ねこがいるマッサージ屋がアソークにあって
ねこもかわいいしマッサージも安く受けられておすすめです。

(ねこマッサージ屋というわけではなく、
オーナーさんが連れてきているだけだと思いますが。)

vol141 アソークRuean Sabaiはねこ好きに勧めたいマッサージ店。
今日はマッサージ好きにもねこ好きにもオススメしたい アソークのマッサージ店、 Ruean Sabaiをご紹介します。 アソーク駅近くにある普通のタイマッサージ屋ですが、 きれいで安い、マッサージの技術も確か。 さらには人懐こい...

コメント

タイトルとURLをコピーしました