vol22 バンコクカフェめぐり/Blue Dye Cafe(ブルーダイカフェ)@トンロー

タイで遊ぶ

カフェ激戦区のバンコクの中でも、
おしゃれな飲食店の多いBTSトンロー(Thonglor)駅周辺。

今回は、BTSトンロー(Thonglor)駅にある
Blue Dye Cafe(ブルーダイカフェ)です。

”Blue Dye Cafe”という店名を意識してなのか、
きれいな青いマグカップで出てくるカフェラテが美味しいお店。

スポンサーリンク

Blue Dye Cafe(ブルーダイカフェ)への行き方・アクセス

BTSのトンロー駅(Thonglor)からは徒歩5分ほど。
トンロー駅2番出口を出て左手の階段を降ります。

 

降りたら逆方向を向いて通りを進んでください。

 

道路の反対側には日本人の間で有名なカラオケWood Ballが。

 

 

Soi36の看板があるのでSoi36に入ります。

 

右手に路地が出てくるので、路地を入ります。
こんなところにカフェあるの…?
とちょっとドキドキする感じの小さい裏路地ですが、
ご心配なく、どんどん進んでください。

 

しばらく進むと右手にBlue Dye Cafeが出てきます。
一見カフェと分からない民家のような外見ですが、
看板も出ていますよ。

Blue Dye cafe(ブルーダイカフェ) お店の雰囲気は?

入り口のすぐ手前にテラス席、入ると広々としたカフェスペースと、
雑貨が置いてあるスペースがあります。
パソコンで作業している欧米人、勉強中のタイ人女子学生、家族連れの人など、
たくさんお客さんはいますが、どちらかというと落ち着いた雰囲気です。

よほど混んでいなければ長居してゆっくりくつろげそう。
フリーWiFiもあり、ちゃんと接続できます。

奥の雑貨スペースは、服やアクセサリー、タンブラー、
コーヒー用品、食器などがたくさん並べられています。
タンブラーがシンプルなのにおしゃれで心惹かれました…(でも買わない。)

店員さんもめちゃくちゃ丁寧って感じではないですが、
(まあ、日本がサービス過剰かってくらい丁寧なので仕方ないですね。)
ちゃきちゃきと働いている印象でした。

Blue Dye Cafe(ブルーダイカフェ) メニューは?

カフェ巡りをするときはだいたいコーヒーとケーキなど、
ティータイムを楽しむことが多いので、
今回もケーキをオーダー。

ホットカフェラテ100Bと
ホワイトチョコレートマカダミアケーキ150B。


カフェラテは甘くないですよ!!
タイのコーヒーやら紅茶って、初めから砂糖が入っていたりして、
それがまた大量で激甘なのですが、砂糖なしで出てきました。
コーヒーの苦みを味わいつつ、しっかりミルクでまろやかになってます。

ケーキのほうも、タイではバタークリームを使っていることも多く、
もったりと重い甘さが苦手なのですが、
ここのケーキは上品な甘さで、マカダミアナッツもゴロゴロと入ってて良かったです。

他にもパスタやサラダを食べているお客さんもいて、
どれもおいしそうでした。
次はわたしも食事メニューを頼んでみたいと思います。

Blue Dye Cafe(ブルーダイカフェ) 店舗情報

営業時間:9:00~18:00
住所:40/1 Soi Sukhumvit 36, Soi Naphasap 1, Khlong Tan, Bangkok 10110, Thailand
電話: 083-714-5333
月曜定休
Facebook:Blue Dye Cafe

コメント

タイトルとURLをコピーしました