vol136 タイ・バンコク1月の天気・気温。服装や持ち物の解説。

タイで暮らす

こんにちは!
タイに来てようやく1年が経過し、
季節をひとまわり経験しました。

 

タイの季節ってどんなんなんだろう?

1月は寒いのかな?どんな服装がいいんだろう?

タイ旅行や出張、移住の予定がある方は
こんな疑問をお持ちかもしれません。
今日はタイ・バンコクの1月の天気や気温について解説します。

スポンサーリンク

1月のタイ・バンコクの天気

1月のバンコクは1年の中でもかなり過ごしやすい月で、
観光においてはハイシーズンにあたります。


(出典:タイの気候と天気/地球の歩き方)

 

タイというと東南アジア特有のスコールを思い出すかもしれませんが、
1月は乾季にあたるため、雨はほとんど降りません。
1日中しとしと降り続くような雨も、
どしゃ降りのスコールもなく、ずっと晴れてカラッとしています。

また、気温については
1年の中ではかなり涼しい時期にあたりますが、
暑すぎず寒すぎず快適。

朝晩は少し風が冷たいことがあるので
カーディガンやパーカーなどがあるとよいですが、
昼の間は半袖半ズボンにサンダルで過ごせます。

公園の木陰などに入ると涼しく感じますが、
日の当たるところを15分、20分歩くと
じんわり汗ばむかもしれません。

日本の季節でいうと初夏の天気、
あるいは夏が終わる9月後半ごろの天気に近いでしょうか。

 

夏の天気ですが、1月なので日照時間は8月ごろよりも短く、
18:30には暗くなります。

 

*本記事作成日2021.1.3の天気は晴れ、
最高気温32度、最低気温20度。
半袖半ズボンで部屋の窓を開けてすごしています。

 

 

1月のタイ・バンコク。服装や持ち物は?

1月のタイ・バンコクでの服装ですが、
基本は夏服でOK。

半袖Tシャツにチノパン、薄手のワンピースなどが快適です。

 

ただし、朝晩に行動する予定がある方は
カーディガンやパーカーなど1枚羽織れるものが必要。
電車やタクシーに乗ったり、デパートに行く場合も
冷房が強く効いているので上着を持参しましょう。

 

仕事で1日中オフィスにいるという場合は、
防寒対策が必要です(!)
冷房が効きすぎてとても寒いです。
外に出ると暑いので基本は夏の服装なのですが、
その上から冬のセーターや厚手のカーディガン、
ユニクロのダウンやブランケットをかぶって仕事をしています。
女性は足元が冷えると思うので、
ストッキングや靴下を履くことをオススメします。

 

傘は不要。
100%降らないとは言い切れないですが、
万が一雨が降った場合はコンビニで買えばOK。
セブンイレブンやローソンがあちこちにあります。

日差しもあるので日焼け止めやサングラスもあるといいかも。

ユニクロやZara、H&Mなどがあるので服は現地調達も可能。
ナイトマーケットやタイのアパレルブランドで買うのも楽しいですね。

日焼け止めも近くのコンビニやマツモトキヨシで
日本メーカーのものが買えます。

vol8 タイ・バンコクのマツモトキヨシで日本コスメを買おう。
今日は、バンコクにある日本人の味方「マツモトキヨシ」に どんなものが売っているのか、見に行ってきました。 日本にいるかと思うくらい、充実の商品ラインナップですよ!!! タイ・バンコクのマツモトキヨシ 出店状況 2015年10月にタイ...

 

まとめ:1月のバンコクは暑すぎず寒すぎず快適!

12月は数日ほど「半袖では寒いな」と思う日があったのですが、
1月のバンコクはとても快適。

これから4月のソンクランの時期に向けて気温はどんどんあがり
ソンクランが終わると本格的に雨季に入っていきます。
暑すぎず寒すぎず雨が降らない今がいちばんいい季節かも。

vol27 住みやすいとはいえ・・・渋滞、スコールetc.タイ生活の大小「困った」話。
タイ、特にバンコクと言えば、日系企業が多く、 日本人駐在員やそのご家族、現地採用の日本人、学生、フリーランスなど、 とにかく日本人が多いのは有名な話かと思います。 そうなると、日本食・和食居酒屋も多いし、日系スーパーもあるし、 吉野...

 

基本は夏の装備で、
1-2枚ほど上着として羽織れるものを準備しましょう。

準備し忘れても、バンコクなら何でも買えるので心配いりません。
チェンマイなどタイ北部に遊びに行く方は、
朝晩はバンコクよりも冷えるようなので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました