vol156 バンコクモーターショー2021レポート(2)

タイで遊ぶ

前回のレポートに続き、
バンコクモーターショー2021レポート第2弾です。

vol155 バンコクモーターショー2021レポート(1)
今年で42回目の開催となるバンコクモーターショー2021。 昨年第41回に引き続き、 今年も見に行ってきました! 自動車、バイク、アクセサリなどが展示されていましたが、 主に自動車をレポートしていきます! 2020...

 

The 42nd Bangkok International Motorshow 2021 

スポンサーリンク

タイに進出・注目の中国メーカー長城汽車(GWM)

タイ市場に新規参入することを、
今年初めに発表した中国の大手メーカー・長城汽車(GWM)。

今回のモーターショーでは、
タイで発売する2車種HAVALとORAが展示されていました。

 

まずは電気自動車・ORA。

超格安(世界一安い?!)の電気自動車。
100万円前後で買えるようです。
ダイハツのココアとかに顔が似ているような
気がしなくもないですが、
かわいいのはかわいいですね。

1回の充電で200㎞以上走れるとのことで、
電気自動車としての性能も問題なさそう。

ただ、ドアの軽さや
フロントのバンパーとか
他の部位のプラスチックの柔っぽい感じが
安全性能大丈夫かな、とちょっと心配。

ねこモチーフのようで、
会場にはねこの電飾やデコレーションが。

 

 

タイで人気上昇中のMG

元イギリスのメーカーでしたが、
紆余曲折を経て中国メーカーに買収されたMG。

ここ最近タイではすごく人気が出ているようで、
車が走っているのもよく見るし、
街中のスクリーンなどで
CMを流しているのも目にします。

 

何となく見覚えのあるような
日本車っぽいデザインだけど、
価格が日本のメーカーより安いから
タイ人には受けているのかなと思います。

 

2019年発売のピックアップトラック・
EXTENDER。
MGとしてはタイで初の
ピックアップモデルでした。

 

 

BMWはi8とM4 Competition Coupéが見どころ。

BMWの今回の見どころは
i8とM4 Competition Coupéかなと思います。

 

まずはi8から。

やっぱりこのシザードアが
なかなかお目にかかる機会がないので、
開けたり閉めたり乗ったり降りたり、
わたしがいた時には男性を中心に
大撮影会が始まっていました。
(もちろんi8と「それに乗る自分」も
撮ってもらうんですよ。)

タイだと1300万バーツくらい~。
ざっくり4000万円強くらい。
日本の価格の2倍近いですね。

 

もうひとつ、
モーターショーのハイライトとしても
取り上げられていたのが
M4 Competition Coupé。

最高出力510馬力(375kW)/6,250rpm、
最大トルク650Nm/2,750-5,500rpm。
サーキット走行から日常の実用までを意識した性能とのこと。
価格は9,999,000バーツ。。。

 

Audiの電気自動車 RS e-Tron GT Quattro

Audiも電気自動車 “RS e-Tron GT Quattro”を展示。

 

Audiは2025年にカーボンニュートラルを目指し、
それまでに30種の電動車両(PHEV等を含む)を
投入することを発表しており、
このモデルもそのうちの1車種となります。

環境に配慮した車でありながら
0-100㎞の加速は3.3秒、
最高速度は250㎞/hと
車としての性能もパワフル。

バンコクモーターショー2021の様子

バンコクモーターショーは
販売も兼ねているため、
各社ブースには商談スペースもあります。

今回は平日の金曜日に来たためか、
商談ブースはどのメーカーも
閑散とした感じでした。

 

ただし会場そのものを見ると、
平日の割にはお客さんが多いな
という印象。
老若男女、タイ人も外国人も。
日本人もかなりいました。

 

車の展示だけでなく、
Tシャツやマグカップなどの物販や、
コーヒーや紅茶などカフェスペースがあったり。

 

ダンスショーも。
車はもちろんですが、
お姉さん目当てに来ている人も多いと思います。

 

 

各社ブランドイメージだったり、
コンセプトだったりが見えます。

 

 

自動車業界ではいま
”CASE”という言葉がよく挙がります。

C: Connected(コネクテッド)
A: Automated(自動運転)
S: Shared(カーシェアリング)
E: Electric(電動化)

どのメーカーも
E(電動化)というのは
かなり進めているようで、
ほか3つ(C, A, S)についても
ここ5年10年のうちに
いろんなサービスやいろんな機能が
出てくるのかな、と思います。

来年以降のモーターショーも楽しみですね。

 

vol100 車のサブスク・トヨタの KINTOがタイでも使えます。
日系自動車メーカー・トヨタが日本で提供している、 自動車のサブスクリプションサービス、KINTO。 KINTO公式HP(日本) 任意保険料やメンテナンス費、税金などが含まれた月額利用料を支払うことで トヨタ・レクサスの新車を利用...

コメント

タイトルとURLをコピーしました