vol61 タイ・バンコクのエーリサ・クリニック(A-Risa)で人生初ピアスの穴開け。

タイで遊ぶ

タイのバンコクのクリニックで、ピアスの穴開けに挑戦した話です。
「海外でそんなことやって大丈夫…?」と思うかもしれませんが、
バンコクには日本語ができる医師やスタッフのいる病院も多く、
目の二重整形や性転換手術など美容整形もかなり技術が高いので、
ピアスの穴開けくらいなら心配ないかな?と思い、思い切ってやってきました。

スポンサーリンク

エーリサ・クリニック(A-RISA CLINIC)概要

今回はエーリサ・クリニックでピアスの穴開けをしました。
近畿大学出身のご夫婦がやっているクリニックで、
バンコクの日本語情報誌でも紹介されています。
シミ・シワとりやピアスの穴開け、美容整形などで通う日本人の方も多いとのことで、
こちらに決めました。

場所・アクセス・連絡先

BTSプロンポン(Phrom Phong)駅が最寄り、Soi26にあります。
駅から歩いて5~10分程度とアクセスは◎。
途中に歩道がなかったり、歩きにくい場所があるので注意。

TEL:0877971566
日本語を話せるタイ人の方が応対してくれました。

診療時間・休診日

月~土 10:00~18:00
日曜日休診

ネット上には19:00まで、との情報が多いのですが、
18:00までに変わったようなので要注意です!
19:00までやっていると思って、会社終わりに意気揚揚と訪ねたら閉まっていました…。

料金

ピアスの穴開け(両耳)・ファーストピアス込みで1200バーツ。
消毒液が50バーツ。
合計1250バーツでした。

水曜日だけ1050バーツと安くなるようです。
時間の都合が合う方は水曜日がおススメ。

実録!バンコクでピアスを開けるまで

いちおう予約しようと思い、土曜の朝11:00ごろクリニックへ電話し、
「今日の午後は空いていますか」と聞いたところ、
「13:00はどうですか?」と言われたので13:00で予約。

日本語ダイヤルにかけたところ、日本語でタイ人の女性が応対してくれました。
ペラペラとまでは言えませんが、ちゃんと日本語が話せる方で、電話応対は全く問題なし。

少し早めの12:30ごろに到着。

受付には日本語のできるタイ人が2人。
患者さんも2,3人ほど。日本人の方もいました。
クリニックのドアを開けて入ろうとしたら、受付の女性に
「靴は外で脱いでください」と止められました…
なんか、下駄箱とかがなくて、スリッパも入ってすぐのところにあるんですけど、
パッと目に付くところではないので、分かりにくいんですよね…。

用紙に名前や住所、アレルギーなどを書いて提出したあと、
受付横のピアスコーナーからファーストピアスを選びます。
だいたい20種類くらいから選べます。
ファーストピアスはしばらくつけっぱなしなので、
小ぶりでシンプルなシルバーのものをチョイス。
待合室は広くて、TVや雑誌も置いてありました。

12:50ごろに2階の診察室へ呼ばれました。
タイ人女性の先生が担当されましたが、
簡単な日本語はできるようで、
「緊張する?」「1秒だけ痛いよ」と話しかけてくれました。

穴を開ける位置も一切考えていかなかったのですが、
「日本人スタイルな感じでいい?」と先生が決めて、マーク付けしてくれて、
実は私の左右の耳は耳たぶの形、耳の角度が違うのですが、
うまくバランスを見てくれました。

いよいよ穴あけ本番。
「1.2.3…」と先生のカウントダウンとばねの伸びる音
(おそらくピアスガン)が聞こえた瞬間、
「ガシャンッ」と音がしてピアス穴が開きました。
耳元で音がするのでけっこう恐ろしい感じですが、痛みは普通。
ちょっと強めにグンっとつねられた感じ。出血もなし。
痛いですが、我慢できないほどではないかな、と思いました。
消毒してもらい、鏡で位置を確認して終了。
「気に入らなかったらやり直すから遠慮しないでねぇぇぇ」と言われましたが、
さすがにこれ以上穴を開ける気にはなりませんでした。笑

個人的には、穴を開けた瞬間の痛みよりも、
そのあとのじんじんする痛みの方が不快でした。
1日中イヤリングをつけたときみたいなじんじんする感じです。
穴あけ後2~3時間くらいは少し痛みが続きましたが、
そのあとはさほど痛みはなく、
手が当たったり服を引っかけたりしたときに「イタッ」と思うくらいです。

処方された消毒薬で朝晩消毒し、
2週間後に自分の好きなピアスへ付け替えて良いそうです。

ピアスを開けた感想

実はものすごくへなちょこ弱虫で、会社の健康診断の採血では泣きべそ、
親知らずを抜いたときは麻酔が怖くて泣き、抜歯中も痛くて泣き、
抜歯終了後はなぜか大泣きして「しばらく休んでいってください」と言われるくらい、
とにかく痛い・怖いのが苦手なのですが、
個人的に嫌なことがあって、「えーいやっ」と半分やけでピアスあけちゃいました。
(「あけるぞ!」と決心した日にその嫌なことは解決して拍子抜けしたのですが、
そのままの勢いでやっちゃいました。)

開けてしまえば痛いのは一瞬で、
個人的には予防接種の方が怖いし、生理痛の方が痛いです。

 

ただ、ややこしいのは穴を開けた後。
毎日朝晩の消毒が必要です。

耳たぶって何かにつけて当たる部分のようで、
服を着替えようとすると服がピアスに引っかかる、
顔を洗ったり化粧水をつけたりするときに指が当たる、
寝てる間に寝返りを打って耳が顔の下敷きになる、などなど、
何気ない瞬間に痛い思いをします。
特にやや痛みが残る当日~翌日がけっこう面倒くさかったです。

日本だと1~2か月はファーストピアスをつけっぱなしみたいですが、
こちらでは2週間と言われたので、
1か月くらい様子を見るつもりです。

タイにもかわいいアクセサリーがたくさん売っているので、
自分のお気に入りのピアスを見つけてつけるのが楽しみです。

A-RISA CLINICでは、ピアスの穴開け以外にも、
シミ取り、シワ取り、二重整形などの施術もやっているようなので、
興味のある方はいちどHPをのぞいてみてください。
A-RISA CLINIC

コメント

タイトルとURLをコピーしました