vol185 チェンマイ生まれのアカアマコーヒー (AKHA AMA COFFEE)を東京で@神楽坂

タイで遊ぶ

タイ・チェンマイで人気のカフェ、
アカアマコーヒー (AKHA AMA COFFEE)。
チェンマイには3店舗ありますが、
なんと4店舗目は東京・神楽坂で営業しているとのこと。

東京にいてチェンマイのコーヒーが楽しめるという
この貴重なカフェをご紹介します。

スポンサーリンク

タイ・チェンマイ発アカアマコーヒー(AKHA AMA COFFEE)とは

タイ・チェンマイでアカアマコーヒーが誕生したのは2010年。
店名のアカはタイの少数民族であるアカ族、
アマは「お母さん」という意味を持ちます。

タイ北部の山岳地帯にあるアカ族の村は大変貧しい村でしたが、
アカ族のある女性が子どもたちを学校に通わせるための現金収入を得るために
コーヒー栽培に力を入れ、そうしてできたのがアカアマコーヒー。

現在ではチェンマイに3店舗、
東京・神楽坂に初の海外店舗をかまえて
チェンマイのコーヒーを世界中に届けており、
このビジネスによって村は少しずつ豊かになっているそうです。

2021年7月1日でアカアマコーヒー神楽坂店は
1周年を迎えたとのこと。

おめでとうございます!

アカアマコーヒー(AKHA AMA COFFEE)でカフェタイム

カウンター席が数席、テーブル席が数席
10人ほど入ればいっぱいになりそうな小さなカフェ。

お店を入るとすぐ目の前にカウンターがあり、
まずはコーヒーを注文。
スタッフの方がその日のおすすめのコーヒーや
フレーバーの説明をしてくれました。

メニューはほとんどがコーヒー系で
エスプレッソやカフェラテ、
ハンドドリップのコーヒーなどが選べます。

フードメニューはケーキやサンドイッチなど
4種類程度と少ないですが、
キャロットケーキが人気らしく。

 

ということで朝ごはんがてら。

HAND DRIP COFFEE(APIWAT) 720円
キャロットケーキ 480円

コーヒーは”APIWATさん”が作ったコーヒー。
レジ横のプレートで生産者の名前が分かるようになっており、
日によって違うコーヒー豆が出ているようです。

浅煎りでフルーティー。
テイスティングノートは
”バター・ローズアップル・ポメロ”と表現されており、
柑橘類を思い起こすような爽やかなコーヒーでした。
「時間が経つにつれて味も少しずつ変わり、
最後までおいしく飲めますよ」とのこと。

キャロットケーキはしっとりして甘さ控えめ。
細切りのニンジンや大粒のクルミが入っており、
上にはクリームチーズ。
シナモンがしっかり効いておいしく、
コーヒーとのペアリングも楽しめます。

 

また店内ではコーヒー豆やドリップバッグ、
トートバッグなども販売していて
ちょっとしたギフトにも良さそうですよ。

カラフルなパッケージがおしゃれ。

 

ネット販売もしています。
https://akhaamacoffeejapan.stores.jp/

 

テイクアウトやUber Eatsでも利用でき、
散歩がてらのお客さんもたくさん来店していました。

顔見知りのお客さんも多いようで、
スタッフの方もフレンドリーに対応されており、
近くにこんなカフェがあったらいいなと思わせるような
あたたかい雰囲気でした。

アカアマコーヒー(AKHA AMA COFFEE)へのアクセス・行き方@神楽坂

アカアマコーヒーは東京・神楽坂にあります。

閑静な住宅街にあり、
小さいながら目をひくお店です。

最寄りの東西線・神楽坂駅からは徒歩3分ほど。
1a出口を出て赤城神社の前を通り路地を歩くと
すぐたどりつきます。

飯田橋駅からも徒歩10分程度でアクセス可。

周辺には他のコーヒー屋や焙煎所もあり、
コーヒー好きの方ならいろんなお店をはしごしても楽しいですよ。

Akha Ama Coffee公式HP

 

アカアマコーヒー(AKHA AMA COFFEE)店舗概要

アカアマコーヒー(AKHA AMA COFFEE)

住所:東京都新宿区赤城元町1-25
TEL:03-6280-8755
Email:info@akhaama.jp
営業時間:8:00―19:00

AKHA AMA COFFEE ROASTERS TOKYO
Home

コメント

タイトルとURLをコピーしました