vol96 世界で2番目に大きいタイ・バンコクのスタバ@セントラルワールド

タイで遊ぶ

タイでもあちこちで見かけるスターバックス。

Statiscaの調査によると、
世界のスターバックス店舗数ランキングで、
タイは第5位にランクインしています。

Countries with the largest number of Starbucks stores worldwide as of September 2019

ちなみに第1位はスターバックス発祥の国・アメリカ、日本は第3位。

もちろん国土面積や人口、外資企業の参入環境など
いろんな要因があるとはいえ、
純粋に店舗数だけ見てタイが世界第5位
というのはちょっと驚きですね。

そんなスタバ大国タイには、
世界で2番目に大きいスタバが存在します。

スポンサーリンク

世界で2番目に大きいタイのスタバの規模と店内。

世界で2番目に大きいスタバは、
バンコク・チットロム(Chit Lom)のセントラルワールド1Fにあります。
(セントラルワールド内にスタバは2店舗あるので気をつけてください。)


まずこれが店舗入り口あたり。
この店舗について検索すると、よく出てくる写真だと思います。
天井からさがるゴールドのカーテンのような装飾。

この写真だと分かりにくいですが、
店内がいくつかに区切られていて、
カウンターやソファ席、共用の大きいテーブル席など
この写真の奥や左手にもテーブルが並んでいます。

おそらく何百人単位で入店できるだろうこの規模に対して
レジが3台ほどしかなく、特に休日は行列なのが難点ですが、
事前にスタッフの方がオーダーをとったりと工夫されています。

 

バンコクの大きいデパート内ということもあり、
店内は常にお客さんでにぎわっています。

お客さんはタイ人、外国人どちらもいますが、
なにかテキストで勉強している学生風の人や、
タブレットやPCで仕事中の人、
買い物ついでに休憩中のカップルなど、
日本のスタバと変わらないような光景です。

 

ただ、スタバってタイでは高いんですよね。
一般のタイ人はなかなか飲まない。はず。
なのにこの店舗はお客さんでいっぱい。

ざっくりTallサイズのフラペチーノが150バーツ(約525円)ですが、
50バーツ出せばガパオライス1食分を買えるんですよね。

スタバのフラペチーノ=昼食3回分

あるいは、
タイの大卒初任給がざくっと15000~20000バーツ程度。

vol41 タイの若者の懐事情。お給料、生活の様子。
タイの若者の懐事情は? タイ人の同い年の女の子と夕食を食べに行きました。 お寿司とタイスキ食べ放題のレストランで、1人400バーツ程度。 普段は100バーツもあれば夕食は済ませられるのですが、ちょっと贅沢に。お会計時に「わたしがクレジットカードで払うね。」と・・・。

タイでは大卒はエリートですが、
その給料の中でどこまでコーヒー、嗜好品にお金を出せるでしょうか。

 

家族4人でフラペチーノやらコーヒーを飲むタイ人を見かけましたが、
いったいどんなお金持ちなんだろうか、
などと、ふといやらしい考えが浮かんでしまいました。

 

世界で2番目に大きいタイのスタバには「スターバックスリザーブ」がある

さっきの写真のRマークでお気づきの方もいるかもしれませんが、
ここは「スターバックスリザーブ」取扱店舗です。

スターバックス リザーブは、
より洗練されたコーヒーを楽しみたい方のための特別なブランドです。
コーヒーへの愛情があふれるのめり込むようなコーヒー体験を届けること。
スターバックス リザーブ ロースタリーで焙煎される世界中で最も個性豊かで、
最も⾼く評価され、誰もが味わいたいと思うコーヒーを捜し求める旅は、
も続いています。
Starbucks Japanホームページより

スターバックスリザーブでは、
お好みのコーヒー豆を選んでいろんな抽出方法で楽しめます。
スターバックスリザーブの店舗には
ブラックエプロンをつけたバリスタさんがいますが、
より深いコーヒーの知識をもつバリスタさんなんだそうです。
コーヒーにこだわりたい人には嬉しい店舗ですね。

 

世界で2番目に大きいタイのスタバには「スターバックスドラフト」もある

あまり聞きなれない「スターバックスドラフト」がこの店舗にはあります。

コーヒーや紅茶に窒素を注入し、専用サーバから注ぐ
いわゆるニトロコーヒー(Nitro coffee)、ニトロティー(Nitro tea)です。
フワッと泡が立ち、なめらかなやわらかい味わいが特徴。

日本でもニトロコーヒーを扱うスタバは各県に数店程度
という珍しいメニューですが、
これをバンコクで飲めるのはいいですね。

 

お土産の定番・タイ スタバのグッズ

海外旅行のお土産として定番の、海外スタバグッズ。
タンブラーやマグカップなど、
その国でしか買えないグッズがあるので人気ですが、
もちろんタイにもタイ限定グッズが存在します。


ご当地マグカップ。

 


シーズンごとのグッズも販売されているのですが、
これは毎年4月ごろに開催されるタイの水かけ祭り・ソンクラン
の時期の限定グッズです。
他にも10月or11月のロイカトンのお祭りや、
クリスマスなどの時期にもシーズンごとのグッズが出ます。

 


スターバックスリザーブのマグカップもここにはあります。

 

ベアリスタ。
黒エプロンと緑のエプロンのくまがいますね。

世界で2番目に大きいタイのスタバへのアクセス

世界で2番目に大きいスタバは、
バンコク・チットロム(Chit Lom)のセントラルワールド内1F。
となりの伊勢丹とのちょうど境目あたりにあります。

チットロムはスタバ以外にもいろんなカフェがあったり、
ショッピングスポットがたくさんあったり、
エラワン廟など観光地も近くにあったりと、
まるっと1日遊べるエリアなので、
遊びに行ってみると楽しいですよ!!

vol23. バンコクカフェめぐり/Greyhound Cafe(グレイハウンドカフェ)@チットロム
今日のバンコクカフェめぐりは、 タイで有名なファッションブランドがプロデュースする、 Greyhound Cafe(グレイハウンドカフェ)。バンコクのショッピングモールにはたくさん視点があり、今回はセントラルワールドのお店へ。 スタイリッシュな空間で美味しいパスタやデザートが食べられます。

 


まっぷるタイバンコク’20

コメント

タイトルとURLをコピーしました